コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネブカドネザル2世 ネブカドネザルにせいNebuchadnezzar II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネブカドネザル2世
ネブカドネザルにせい
Nebuchadnezzar II

[生]前630頃
[没]前562.8/9.
新バビロニア帝国の王 (在位前 605~562) 。バビロニア名ナブ=クドゥリ=ウスル。ナボポラッサルの子。前 607~606年皇太子としてアッシリア北部に遠征,前 606~605年エジプト軍に撃退されると,父王に代って軍の総帥となり,カルケミシュとハマトでネコ2世の率いるエジプト軍を撃破,シリアの大半を制圧した。前 605年8月に父王が没したあと3週間で政権を掌握,父の築いた王国を継承して即位。前 604年6~12月シリアとパレスチナに遠征し,ユダを属国とした。前 601~600年エジプトに大敗し,ユダをはじめ多くの属国を失ったが,態勢を立直し,前 599年 12月にはアラビア北西部を攻撃,前 597年3月には,エルサレムを攻略し,エホヤキン王をはじめ,ユダヤ人バビロンに連行 (第1回バビロン捕囚 ) ,続いてシリア,東部バビロニアに転戦した。前 586年8月再びエルサレムを攻略し,第2回バビロニア捕囚をユダヤ人に強いている。その後も戦いを続け,前 568~567年にもエジプトに侵入を企てている。一貫してアッシリア帝国の領土拡大政策を踏襲し,後年ナポレオンに比せられた。バビロンの再建,拡充にも力を注ぎ,彼の建てたマルドゥク神殿,イシュタル門と行列道路,「バビロンの吊り庭園」と呼ばれる宮中庭園は有名である。ユダヤ人を苦しめたが,エレミヤを保護し,聖書では悪人を懲らしめる神の器とみなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネブカドネザル2世の関連キーワード西・南アジア史(年表)ナハルエルカルブ新バビロニア王国エビル=メロダクメソポタミア美術エルサレム神殿ゼデキアの洞窟バビロニア美術イスラエル王国アーモス2世カルケミシェエルサレム史エゼキエル書ナボニドスカルデア人バベルの塔フェニキアボルシッパエホヤキムモアブ人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android