コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーゲル Nagel, Ernest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネーゲル
Nagel, Ernest

[生]1901.11.16. ノベメスト
[没]1985.9.20. ニューヨーク
チェコスロバキア生れのアメリカの哲学者。コロンビア大学教授。 M.コーエン,J.デューイ,F.ウドブリッジらの教えを受け,C.パース,B.ラッセル,G.サンタヤナらに影響された。自然主義的論理経験 (実証) 主義運動に属し,科学哲学に貢献。記号論理学にも造詣が深い。『記号論理学雑誌』と『哲学雑誌』の編集者をつとめた。主著"The Logic of Measurement" (1930) ,"An Introduction to Logic and Scientific Method" (34) ,"Principles of the Theory of the Probability" (39) ,"Sovereign Reason" (54) ,"Logic without Metaphysics" (56) ,"The Structure of Science" (61) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネーゲル【Ernest Nagel】

1901‐85
チェコスロバキア生れの哲学者。子どものときにアメリカへ渡り,アメリカで教育を受け,コロンビア大学でジョン・デューイ(哲学)教授を務める。アメリカにおける代表的科学哲学者であり,その立場は論理実証主義の流れの中にある。業績は,測定の理論,科学方法論,確率論,論理学,科学の論理的構造に関する科学哲学などであるが,今日では,理論間の演繹に関する彼の分析は,不適切であるとして批判されている。【黒崎 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネーゲル
ねーげる
Ernest Nagel
(1901―1985)

アメリカの科学哲学者。彼は、一方では論理実証主義の系譜に属するが、他方ではパースやデューイといった哲学者につながる自然主義者と、自らの立場を規定している。主著『科学の構造』(1961)には、彼の長年にわたる仕事が、統一的でバランスのとれた仕方で集約されている。彼の自然主義の立場を表明したものとしては、論文集『形而上(けいじじょう)学ぬきの論理学』(1956)がある。[飯田 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネーゲルの関連キーワードネイゲル

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネーゲルの関連情報