コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーゲル ネーゲル Nagel, Ernest

3件 の用語解説(ネーゲルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネーゲル
ネーゲル
Nagel, Ernest

[生]1901.11.16. ノベメスト
[没]1985.9.20. ニューヨーク
チェコスロバキア生れのアメリカの哲学者。コロンビア大学教授。 M.コーエン,J.デューイ,F.ウドブリッジらの教えを受け,C.パース,B.ラッセル,G.サンタヤナらに影響された。自然主義的論理経験 (実証) 主義運動に属し,科学哲学に貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ネーゲル【Ernest Nagel】

1901‐85
チェコスロバキア生れの哲学者。子どものときにアメリカへ渡り,アメリカで教育を受け,コロンビア大学でジョン・デューイ(哲学)教授を務める。アメリカにおける代表的科学哲学者であり,その立場は論理実証主義の流れの中にある。業績は,測定の理論,科学方法論,確率論,論理学,科学の論理的構造に関する科学哲学などであるが,今日では,理論間の演繹に関する彼の分析は,不適切であるとして批判されている。【黒崎 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネーゲル
ねーげる
Ernest Nagel
(1901―1985)

アメリカの科学哲学者。彼は、一方では論理実証主義の系譜に属するが、他方ではパースやデューイといった哲学者につながる自然主義者と、自らの立場を規定している。主著『科学の構造』(1961)には、彼の長年にわたる仕事が、統一的でバランスのとれた仕方で集約されている。彼の自然主義の立場を表明したものとしては、論文集『形而上(けいじじょう)学ぬきの論理学』(1956)がある。[飯田 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネーゲルの関連キーワードシュテファーニクスロバキアチェコスロバキアモラバチェコスロバキア解体チェコスロバキア共産党チェコスロバキアン・ウルフドッグチェコスロバキア映画チェコスロバキア事件ソ連・チェコスロバキア相互援助条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネーゲルの関連情報