コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウ・ハウ know‐how

1件 の用語解説(ノウ・ハウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノウ・ハウ【know‐how】

ノウ・ハウは技術秘訣などと訳され,技術的ノウ・ハウtechnical know‐how,とくに生産工程上の秘密情報をさすことが多いが,現在では,商業上または業務上のノウ・ハウcommercial or business know‐howをも含む広い意味でも用いられている。ノウハウとも表記する。通常,ノウ・ハウは秘密ノウ・ハウsecret know‐howでなければ価値がないので,一般に秘密のものをさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のノウ・ハウの言及

【工業所有権】より

…このため,〈産業的財産権〉の訳語を用いる者もいるが,一般には〈工業所有権〉の語が用いられている。日本では工業所有権は通常,それぞれ特許法,実用新案法,意匠法,商標法に基づく特許権,実用新案権,意匠権,商標権をさすが(いずれも特許庁が所管する),広義には特許庁の権限とは関係なく,前述の定義に該当するすべての権利をさし,営業秘密(〈ノウ・ハウ〉の項参照),植物新品種(品種)に関する権利,サービス・マーク商号,ハウス・マーク,原産地表示,表装・包装等が含まれる。
[工業所有権法成立の歴史]
 伝統的な財産法は,有体物に関する権利を中心に構成されてきたが近代になり債権も重要な意味を有するに至った。…

【知識】より


[手続き的知識と宣言的知識]
 知識の表現を考えるときに,知識を手続き的proceduralなものと宣言的declarativeなものとに分けることがある。手続き的知識とは〈~するときには~すればよい〉というノウハウknow how型の知識である。宣言型知識とは〈~と~は~の関係がある〉とか〈~は~である〉というノウホワットknow what型の知識である。…

※「ノウ・ハウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノウ・ハウの関連キーワードハードウェアノウハウ技巧技術家技術者技術的ハウツー秘訣製品評価技術基盤機構(NITE)次世代技術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノウ・ハウの関連情報