コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノビコフ ノビコフ Novikov, Nikolai Ivanovich

7件 の用語解説(ノビコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノビコフ
ノビコフ
Novikov, Nikolai Ivanovich

[生]1744.5.8. モスクワ,チフビンスコエ
[没]1818.8.12. モスクワ,チフビンスコエ
ロシアの啓蒙思想家。貴族の家庭に生まれ,モスクワ大学付属中学校で学んだ。新法案設定委員会で働いたのち,1769年以来『雄蜂』 Truten'をはじめとする風刺雑誌を編集発行して,農奴制と地主の専横ぶりを暴露。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ノビコフ
ノビコフ
Novikov, Sergey Petrovich

[生]1938.3.20. ゴーリキー
ロシアの数学者。1960年にモスクワ大学を卒業後,V.A.ステクロフ数学研究所で 1964年に博士号,1965年に理学博士号を取得。1964年にモスクワ大学の学部教授に就任,1975年ランダウ理論物理学研究所で数学部長となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノビコフ(Nikolay Ivanovich Novikov)

[1744~1818]ロシアの批評家・ジャーナリスト。風刺雑誌を刊行し、農奴制の批判など広範な啓蒙(けいもう)活動を行った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノビコフ

ロシアの数学者。幾何学,代数的位相幾何学者。微分トポロジー等の研究により,1970年フィールズ賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノビコフ【Nikolai Ivanovich Novikov】

1744‐1818
ロシアの啓蒙家,ジャーナリスト。近衛連隊に勤務したのちエカチェリナ2世の新法典委員会に書記として採用されるが,女帝の表面的な啓蒙主義に幻滅し,退職。《雄蜂》《駄ぼら吹き》《画家》などの雑誌を次々に創刊し,自らも啓蒙と社会風刺を内容とする評論を執筆する。出版活動にも力を注ぎ,ロシア史の大部の史料集や,シェークスピアルソーなどの作品のロシア語訳など,多くの書物を刊行した。1770年代にフリーメーソンに入会してから,学校,印刷所,病院などを設立したり,社会運動にも乗り出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノビコフ【Nikolai Ivanovich Novikov】

1744~1818) ロシアの思想家・ジャーナリスト。農奴制を批判し、啓蒙活動に努めたが、エカテリーナ二世により投獄された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノビコフ
のびこふ
Николай Иванович Новиков Nikolay Ivanovich Novikov
(1744―1818)

ロシアの風刺作家、ジャーナリスト。貧しい貴族の出身で、モスクワ大学付属中学校を無断欠席のため放逐され、その後、軍人、役人として短期間勤務した。エカチェリーナ2世が設立した新法典委員会に一時籍を置いたが、この委員会の解散後官職を退き、1769年以降『雄蜂』『駄ぼら吹き』『画家』など社会風刺と啓蒙(けいもう)を目的とする雑誌を次々と刊行。自らさまざまな筆名を用いて農奴制社会の矛盾を摘発する記事を書きまくった。雑誌のなかには短期間に廃刊になったものもあるが、辛辣(しんらつ)な内容を含むノビコフの論説はロシアの読書社会に大きな反響をよぶとともに、その後のロシア評論の礎(いしずえ)を置くことになった。『雄蜂』誌上で、官吏の腐敗ぶりと風刺の態度をめぐって、エカチェリーナ女帝の雑誌『一切合切(いっさいがっさい)』と激しい論争を行ったこともある。雑誌編集者として活躍したほか、スマローコフ全集やシェークスピア、ルソーなどの作品のロシア語訳を刊行。1770年代にフリーメーソンに入会してからますます啓蒙活動に情熱を燃やし、学校、印刷所、病院などを設立し、社会運動にも乗り出した。しかし活動が盛んになるにつれて女帝の嫌疑を受け、逮捕ののち裁判にもかけられずに、1792年シュリッセリブルグの要塞(ようさい)監獄に投獄された。1796年女帝を継いだパーベル1世により釈放されたが、すでに往年のおもかげはなかった。[中村喜和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノビコフの言及

【ロシア文学】より

…18世紀最大の詩人デルジャービンは古典主義の規則を無視し,バロック的な荘重な文体を好む一方で,イギリス〈墓地派Churchyard school〉(T.グレー,ヤングなど)の影響下にロマン派に接近する。この時代の活発な文化活動は,啓蒙思想の運動に反映し,ラジーシチェフ(《ペテルブルグからモスクワへの旅》1790),ロシア・ジャーナリズムの創始者でフリーメーソンであったノビコフらを生むことになる。文学史的により重要なのは,西欧で通例プレ・ロマンティシズムと呼ばれている流派に対応するセンチメンタリズム(主情主義)という文学潮流である。…

※「ノビコフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノビコフの関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリスト近衛連隊フォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト日本ジャーナリスト会議

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノビコフの関連情報