ノルドストランド石(読み)のるどすとらんどせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノルドストランド石
のるどすとらんどせき
nordstrandite

水酸化アルミニウムの鉱物の一つ。他の相と識別する際にはβ(ベータ)-Al(OH)3と表示される。Al(OH)3は同質四像関係にあり、多型も入れると同質五像となる。自形は菱形(ひしがた)の輪郭をもつ板状。輪郭は劈開(へきかい)面と一致する。土壌鉱物として産し、起源は石灰岩中の泥質の部分である。油母頁岩(ゆぼけつがん)中の石灰質あるいは苦灰岩(くかいがん)質の部分に伴われる泥岩に多い。霞石閃長岩(かすみいしせんちょうがん)質ペグマタイトの最末期の産物であり、またその本体の中の捕獲岩の分解生成物をなす。日本では群馬県藤岡市下日野(しもひの)の炭酸塩化を受けた堆積(たいせき)岩中に産し、また三重県多気(たき)郡多気町佐奈からも報告されている。
 共存鉱物は堆積岩関係のものはカオリナイト、ダイアスポア、針鉄鉱、石英など。同定は他の水酸化アルミニウムの鉱物とは識別できない。名称は天然石の発見以前に与えられており、最初にこの物質を合成したアメリカ、イリノイ州シンクレアSinclair研究所のロバート・A・バン・ノードストランドRobert A. van Nordstrand(1917― )にちなんでnordstranditeとよばれていたが、これが1962年天然での発見時にそのまま鉱物名となった。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノルドストランド石の言及

【水酸化アルミニウム】より

…比重2.50。(3)ノルドストランド石nordstrandite アルミニウム塩溶液にアンモニア水を加えるとゲル状水酸化物を生ずる。これをエチレンジアミン,エチレングリコール,EDTAなどの存在で熟成させると生ずる。…

※「ノルドストランド石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android