コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノンセンス nonsense

翻訳|nonsense

世界大百科事典 第2版の解説

ノンセンス【nonsense】

日本語のなかで,〈ノンセンス〉という語と〈ナンセンス〉という語ははっきり区別されているわけではない。ある荒唐無稽なものごと,できごと,ことばがあるとして,それを〈たわいない,ばかばかしい〉と笑いとばして終りにすれば,その対象はナンセンスと呼ばれる。同じ対象を,〈ある意図〉をもった一つの〈しかけ〉として受けとめれば,それはノンセンスとなる。つまり,対象そのものの差ではなく,それに対する態度の差にかかわっているといえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のノンセンスの言及

【笑い】より

…近代ヨーロッパの大きな過渡期は新しい笑いの生まれ出る過程でもあった。 ヨーロッパにはまた〈ノンセンス物〉と呼ばれる笑いの表現の伝統がある。風刺やパロディが社会批判の役割をもった攻撃性の強い笑いだとすれば,こちらは比喩や言葉遊びに基づいて〈おかしみ〉を楽しむ要素がより強い。…

※「ノンセンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノンセンスの関連キーワードヴィンフリート メニングハウスJ. リンゲルナッツモルゲンシュテルンマザー・グースの歌ゴードン ブラウンふしぎの国のアリスジョン レノンリンゲルナッツノンセンス文学ライト・バーストルストイ高橋 康也リーコック言語遊戯言葉遊びベロック高橋康也キャロルハシェクレノン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android