コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーウォーク ノーウォーク Norwalk

4件 の用語解説(ノーウォークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーウォーク
ノーウォーク
Norwalk

アメリカ合衆国,カリフォルニア州南西部の都市。 1868年に町がつくられ,75年サザン・パシフィック鉄道が開通したのち,林業,酪農,牧畜などの行われる周辺地域との物資集散地となった。近年は主要高速道路交差点となり,第2次世界大戦後工業化が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ノーウォーク
ノーウォーク
Norwalk

アメリカ合衆国,コネティカット州南西部の都市。 1649年に最初の移民が入植。独立戦争の頃から帽子の製造で知られ,その後造船,陶器,車両などの工業が発達。近年は繊維,衣料,電気器具製造などが盛んである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ノーウォーク【Norwalk】

アメリカ合衆国コネティカット州南西部の都市。人口7万9000(1994)。ノーウォーク川の河口に位置し,ロングアイランド海峡に面した湾内には多数の小さな島々がある。電気・電子機器,食品工業があり,航空機関係の研究所もある。市内のシルバーマイン・ビレッジは芸術家の集まるところとして知られている。1640年に定住が始まり,1913年に市制施行。独立革命中の1779年イギリス軍によって焼き払われた。【菅野 峰明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーウォーク
のーうぉーく
Norwalk

アメリカ合衆国、コネティカット州南西部、ノーウォーク川河口ロング・アイランド海峡に臨む都市。人口8万2951(2000)。ニューヨーク市の郊外都市として古くから各種工業の発達がみられ、衣料、電子・電気機器、食品、航空機関連企業の立地が目だつ。また、港内に数多くの小島が点在し、とくに夏季には多くの行楽客を集める。先住民から土地を購入し1650年に町が建設された。独立戦争時にはイギリス軍の手によって町が全焼したが、1913年には近隣町村を合併し大きな発展をみた。市内にあるシルバーマイン・ビレッジは、芸術家が多く集まる所として有名である。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノーウォークの関連キーワードウォーターベリーハートフォードブリッジポートアメリカン合衆国ネブラスカコネティカットキスカ[島]コネティカット[州]ニューヘブン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノーウォークの関連情報