コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイタカ ハイタカAccipiter nisus; Eurasian sparrowhawk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイタカ
Accipiter nisus; Eurasian sparrowhawk

タカ目タカ科。全長は雄 19~34cm,雌 35~41cmで雌雄差が大きい。雄は背面が青灰色で,腹面が白地にオレンジ色の横縞模様。雌は背面が褐色で,腹面が白地に褐色の横縞模様である。北極圏を除くヨーロッパからロシア東部,東アジア北部で繁殖する。南部では留鳥だが,ヨーロッパ北部やロシアで繁殖する鳥は越冬のため繁殖地の南部やアフリカ東北部,中東インドからインドシナ半島中国東部へ渡る。繁殖期はおもに森林にすみ,樹上に枯れ枝を積んで巣をつくる。秋冬には開けた環境にも姿を現し,林縁などでもよく観察される。獲物はおもに小鳥で,樹上から探索し,見つけると追いかけて捕まえる。日本では北海道本州に留鳥として生息し,低山帯や平地の森林で繁殖する。さらに南では冬鳥(→渡り鳥)で,近年では都市部の緑地などにも進出している。「きっ,きっ,きっ」と鋭い声で鳴く。(→タカ猛禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハイタカ

ワシタカ科の鳥。翼長雄21cm,雌25cm。背面が青灰色,腹面は白色で褐色斑が散在。雌は全体に褐色が強い。ユーラシア大陸中部と北アフリカに広く分布。日本では全土に留鳥または漂鳥として生息し,北海道と本州の森林で繁殖する。
→関連項目タカ(鷹)ツミ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイタカ
はいたか / 鷂
sparrow hawk
[学]Accipiter nisus

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ユーラシアの中部、アフリカ北部に分布する。日本では北海道と本州で繁殖し、本州以南で越冬する。大陸から冬鳥として渡来するものもある。全長約32~40センチメートル、翼は比較的短くて尾は長い。雌は雄より大きいため、雄にはコノリの別名がある。雄の上面は灰青色、下面は白地に橙褐色(とうかっしょく)の横斑(おうはん)がある。雌の上面は灰褐色、下面は白地に黒褐色の細かい横斑がある。低山の林で繁殖し、高木の枝の上に枯れ枝で皿形の巣をつくる。主食は鳥類で、飛翔(ひしょう)中の鳥を後方から追いかけて長めの足でつかむ。林の中でも巧みに飛ぶ。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイタカの関連情報