コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハグロトンボ Calopteryx atrata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハグロトンボ
Calopteryx atrata

トンボ目カワトンボ科。体長約 60mm,後翅長 48~52mm。体は黒色で,雄では金緑色光沢があるが雌では褐色を帯びる。翅は雄では黒褐色,雌では褐色。平地の小川などに普通にみられ,水面近くをゆるやかに飛ぶ。本州,四国,九州などに産し,朝鮮,中国にも分布する。近縁のアオハダトンボ C. virgo japonicaは本種に似るが,体は雌雄とも金緑色で,雄の翅は青緑色に輝き,雌の翅は淡褐色である。本州,四国,九州に産するが,生息地は局限される。国外ではシベリア東部,朝鮮,中国に広く分布する。ミヤマカワトンボ C. corneliaは,低山地の渓流にみられる大型種で,翅は赤褐色で先端近くに濃色帯がある。北海道,本州,四国,九州に産する日本固有種である。 (→トンボ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハグロトンボ

オハグロトンボ,トウスミトンボなどとも。トンボ目カワトンボ科の昆虫の1種。北海道を除く日本各地,朝鮮,中国に分布。体長55mm内外。翅は黒色,体は黒褐色で,雄の腹部は美しい金緑色。
→関連項目カワトンボ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハグロトンボ
はぐろとんぼ / 羽黒蜻蛉
[学]Calopteryx atrata

昆虫綱トンボ目カワトンボ科の昆虫。体長約60ミリ、後翅(こうし)長約40ミリ。雄は金属緑色の体で漆黒色のはねをもつが、雌は黒褐色の体で、はねもやや黒褐色を帯びる。平地の流水に普通にみられる種で、本州北端から屋久(やく)島まで産するが北海道にはみられない。大陸では朝鮮半島、中国東北部の南方から中国東部に分布する。幼虫は細長い体で、長大な触角と脚(あし)をもち、流れの中の藻などに止まっている。近似種のアオハダトンボは、本州、四国、九州、シベリア東部、朝鮮半島に産するが、はるかに希種である。両種とも日本では夏季の水辺の風物であったが、近年は水辺を含む環境の汚染によって著しく減少した。[朝比奈正二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハグロトンボの関連キーワードミナミカワトンボ朝比奈正二郎鉄漿付け蜻蛉御歯黒蜻蛉鉄漿付蜻蛉羽黒蜻蛉

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android