コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハス(鰣) ハスOpsariichthys uncirostris

世界大百科事典 第2版の解説

ハス【ハス(鰣) Opsariichthys uncirostris】

コイ目コイ科の淡水魚(イラスト)。大阪では本種をケタバス,オイカワをハスと呼ぶ。原産地は琵琶湖,福井県三方湖およびこれに注ぐ鰣川(はすかわ)に限られていたが,琵琶湖のコアユに混じって国内各地に移殖,放流されて現在では関東地方などに繁殖している。水の澄んだ湖や川の中,表層を活発に泳ぎ,また水面にとびはねる。餌は小魚や昆虫などで,琵琶湖ではコアユを好んで捕食する。形はオイカワに似るが口が大きく両あごが〈ヘ〉の字状に曲がるのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハス(鰣)の言及

【オイカワ】より

…和名のオイカワは琵琶湖周辺での繁殖期の雄を指す方言を採用したもので,西日本ではハエまたはシラハエと呼ぶところが多い。ヤマベ(東京),ハス(大阪。ちなみに大阪では和名のハスをケタバスという),ジンケン(長野)など地方名が多い。…

※「ハス(鰣)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android