コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インダス文明 インダスぶんめい Indus civilization

6件 の用語解説(インダス文明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インダス文明
インダスぶんめい
Indus civilization

インダス川流域を中心に栄えたインド亜大陸最古の文明。ハラッパー文化とも呼ばれる。 1921年パンジャブ地方のハラッパー (→ハラッパー遺跡 ) で,続いて 22年シンド地方のインダス川に近いモヘンジョ・ダロ (→モヘンジョ・ダロ遺跡 ) で遺跡が発見された (現在はどちらもパキスタン領内) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

インダス‐ぶんめい【インダス文明】

前3000年から前1500年ごろにかけて、インダス川流域に栄えた文明。アーリア人インド侵入以前のもので、金石併用の文化を持ち、公共建築などを完備した高度な計画都市を建設した。モヘンジョダロハラッパーなどに遺跡が残る。世界最古の文明の一。→四大文明

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

インダス文明【インダスぶんめい】

前3000年から前1500年ころ,インダス川流域に興った古代都市文明。ハラッパーモヘンジョ・ダロなどの遺跡によって代表される。都市は壮大な都市計画によって作られ,外部は城壁をめぐらし,排水施設をもった道路の両側には煉瓦造の家屋が並び,公衆浴場や市場・倉庫なども設けられていた。
→関連項目シアルクシンド[州]チャンフー・ダロパキスタンパンジャーブ南アジア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

インダスぶんめい【インダス文明】

インダス川流域を中心に前2300‐前2000年ごろ最盛期をむかえたインドの古代文明。1920年ハラッパーがサハニD.R.Sahaniにより,ついでモヘンジョ・ダロバネルジーR.D.Banerjiにより発見され,22‐27年にマーシャルJ.Marshallが,27‐31年にマッケーE.J.H.Mackayがモヘンジョ・ダロを,また33‐34年にバッツM.S.Vatsがハラッパーを発掘した。
[王宮・王墓を欠く文明]
 遺跡分布の最大限は,東はデリー付近,西はアラビア海沿岸のイラン国境付近,南はボンベイの北200km,北はシムラ丘陵南端に及び,オクサス河岸にも1ヵ所ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

インダスぶんめい【インダス文明】

紀元前2500年頃から前1500年頃までインダス川流域に栄えた青銅器時代の都市文明。アーリア民族侵入以前のものともいわれる。下流にモヘンジョ-ダロ、上流にハラッパーなどの遺跡がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インダス文明
いんだすぶんめい

インダス川流域に、紀元前2000年前後を中心として栄えたインドの古代文明。D・R・サハニらによるハラッパー遺跡や、R・D・バナルジーらによるモヘンジョ・ダーロ遺跡の発見、発掘によってその存在が明らかになり、1921年以来今日に至るまで、各地で発掘調査が続けられている。[小西正捷]

年代と分布

かつてインダス文明の年代は前2500~前1500年ごろと考えられていたが、昨今では前2350~前1800年ごろを最盛期とし、それぞれ前後に数百年にわたる生成期と衰退期を置く考え方が強まってきている。インダス文明の物質的基盤をなす遺物の集合をとくにハラッパー文化の名でよぶが、都市文明の様相を示すか否かにかかわらず、ハラッパー文化の遺物を出土する遺跡の数は、今日、大小あわせておよそ300ほどが確認されている。その広がりは他の古代文明に比べてきわめて広範囲にわたっており、東はデリー北西のアーラムギールプル、西はアラビア海沿岸のイラン国境にもほど近いソトカーゲン・ドール、北はジャム地方のマーンダー、南はカンベイ湾岸のマールワーンにまで及んでいる。すなわち距離にして東西1600キロメートル、南北1400キロメートルという範囲であるが、実は、西はバルーチスターン山脈、東はタール砂漠においてはその分布がほとんどみられず、またこれら300ほどの遺跡の90%以上が小規模な村落遺跡にすぎないことにも注意せねばならない。[小西正捷]

指標遺物

ハラッパー文化の遺物はきわめて多岐にわたる。まずハラッパー土器であるが、多くはろくろ製で赤色の化粧土をかけ、そこに黒色顔料で、交差円文、魚鱗(ぎょりん)文、格子目文、市松文、波状文、帯状文などの幾何学文様のほか、ナツメヤシ、インドボダイジュ、ロゼットなどの植物文、クジャク、シカ、魚などの動物文を描いている。その器形は、大形の貯蔵甕(がめ)や水甕、壺(つぼ)、鉢、(わん)、高坏(たかつき)、ビーカー、尖底(せんてい)ゴブレットなど種類が多く、実用的なものほど無文の傾向がみられる。また無文土器のうち特徴のあるものには、火桶(ひおけ)とも漉器(こしき)とも考えられている多孔土器があり、丸底で直立した高い器壁の一面に多くの小孔をうがっている。その他の土製品では、母神像と思われるものをも含む多種の人偶や動物土偶、また車などをモデルとした玩具(がんぐ)があり、用途不明の小形陶板(テラコッタ・ケーキ)も特徴的である。これは1辺が6~10センチメートルの隅丸三角形をなす粗製の素焼陶板で、厚さは3センチメートルほど。普通は無文無彩色であるが、カーリーバンガン遺跡出土のものにはヤギの供犠(くぎ)を表す線刻画がみえ、この例などはなんらかの儀礼に用いられた可能性もある。
 石器は高度な技術を駆使した特殊なものが目だち、しかも銅製品がそれほど一般に普及していなかったようにみえることから、この文化が金石併用文化としての特徴をもっていたことがわかる。銅製武具類も数少ないが、脱蝋(だつろう)法によっていくつかのみごとな青銅製人像が鋳造された。人像には砂岩、石灰岩、凍石(ステアタイト)製のものもいくつかある。都市部では凍石製の印章が出土するが、これは普通、1片が2~5センチメートルの方形をなす薄い小形のものである。表側にはゼブウシ、ゾウ、カモシカ、サイ、トラなどの動物のほか、一角獣や半神半獣、またいくつかの動物を組み合わせて一つにしたもの、神々を表したと思われる人物など神話的モチーフもみられ、いずれもていねいに陰刻されている。上方にはインダス文字が彫り込まれているが、未解読のため、その用途はわからない。裏側に紐(ひも)を通すための有孔のつまみがついているため、護符の用途もあったかもしれないが、封泥(ふうでい)に用いられた例も数多い。そのほかビーズなどの装身具類も多数出土しており、ことに紅玉髄(こうぎょくずい)製のものなどは、おそらくメソポタミア方面にまで輸出された重要な品目であったろう。また尺や分銅も一定の規格で統一されており、都市プランにみられる徹底した計画性とともに注目される。[小西正捷]

都市の様相

インダス文明は、インダス川中流域パンジャーブ地方のハラッパーと、下流域シンド地方のモヘンジョ・ダーロの二大都市のほか、シンド地方のチャヌフ・ダーロ、カッチ・グジャラート地方のスールコータダーおよびロータル、北部ラージャスターン地方のカーリーバンガンなど、いくつかの中小地方都市を擁していた。これらの都市が文明の構造にそれぞれどのような役割を果たしたかは不明であるが、なかでもモヘンジョ・ダーロとハラッパーが政治経済上の中枢をなしていたことに疑いはない。しかしロータルのように、国内の物資流通のみならず、クウェート沖のバーレーン島などを中継基地として、遠くメソポタミアとまで交易を行った港湾都市は、その役割も明らかである。ここでは長さ219メートル、幅37メートルもある大きな船溜(ふなだま)りが発掘された。またいずれの都市も、各都市人口に見合う以上の量を収納しうる穀物倉を備えており、一種の国庫か地方銀行のような役割を果たしていた。しかし、これらの余剰生産物が、広大なその版図内よりどのように集積されたかなど、当時の政治経済機構の様相は、かならずしも明らかではない。権力を象徴するような王宮や王墓、もしくは大神殿も、インダス文明ではまだ発見されていないからである。
 その反面インダス文明は、きわめて綿密に計算された都市計画性において際だっており、整然としたプランが見て取れる。すなわち概して都市は城塞(じょうさい)部と市街地に分けられ、城塞は市の西側に置かれることが多かった。その場合、城塞は高い基壇上に築かれて市街とは別に城壁で囲まれるか、市街地とともに市壁で囲まれ、隔壁でもって市街地からは隔てられていた。また墓地は市壁の外に置くのが普通であった。
 一方、市街地は、全域がほぼ東西南北に走る5、6本の大通りによって区画され、さらにそれぞれは、ほぼ直角に交差する中、小路によって碁盤目状にくぎられていた。密集して建つ家々は高い壁と小さな入口をもつが、中に入ると中庭があって、その周囲に小部屋が並び、また2階へも通じていた。中庭には井戸があることが多く、そこに炊事場や洗濯場などが併設されていた。各戸からの排水は、壁中の土管や、ときにはダストシュート状に傾斜した排水孔から汚水槽へ、さらに暗渠(あんきょ)となったれんが造りの下水道へと導かれた。大通りの本下水道にはマンホールも設けられ、定期的な清掃がなされたらしい。また街の角々には警備員用の小屋と思われる建物もあり、大通りには工芸職人の工房や店が軒を連ねていたが、市民の集う広場のようなものはなかった。[小西正捷]

文明の起源

インダス文明がどのように興起したのかは、文明の構造同様、不明な点が多い。かつてはメソポタミアないしはイランからの影響が重視されたこともあったが、なんらかの影響が西方から及んだことは否定できないにせよ、インダス川流域そのものにおいて独自の文明への胎動があったことは確かであり、その点でコト・ディジ文化の展開が注目される。同文化の分布はシンド地方のコト・ディジを標準遺跡として南部一帯にみられるほか、ハラッパー遺跡下層やジャリールプルなどを経て、北はタキシラに近いサライコラーやジャングなどの諸遺跡にまで広がっていると考えられる。またそれとも関連があるが、やや異質な要素をももつ北部ラージャスターンのソティ文化も注目されるべきであろう。
 確かに、より西方のバルーチスターン山地においては、前3000年ごろより、イラン高地の諸文化の影響を強く受けた独特の諸文化が展開していた。ピシーン・クエタ、ゾブなどのやや北方の地域が比較的早くから開け、次いで南方のアムリ、ナール、トガウなどの文化が展開する。しかし前2500~前2400年ごろ、イラン高地の陸路による交易路が衰え、それにかわってマクラーン海岸沿いのクッリ文化が栄えた。この時期にはインダス文明はすでに成立しており、より西方の文明と、主として海路を経由して交渉をもっていた。したがって、インダス文明を形成する直接の文化的基盤は、やはりインダス平原部そのものにおいて備えられていたと考えられる。[小西正捷]

文明の衰退と文化的継承

インダス文明がいかに衰退したかについても議論が多い。かつては『リグ・ベーダ』のような後世の宗教的賛歌の記述によって、インダス文明が、インドに進入してきたアーリア民族によって滅ぼされたかのような説も一部に唱えられたが、少なくとも考古学上それを支持する証拠はなにもなく、また前1500年ごろと考えられるアーリア民族の進入時には、すでに文明はそれより300~400年も前に、おそらくは内的要因による崩壊の兆しをみせていた。文明が衰退期を迎えるのは前1800年か、遅くも前1750年ごろであるが、その理由や様相は、地方によって大きく異なっていたと思われる。すなわち、その理由もけっして単一ではありえず、さまざまな原因が複雑に競合しあっていたであろう。たとえば、国家政体の弱体化、メソポタミアとの交易の途絶、自然破壊による乾燥化や塩害などに加えて、シンド地方などではマクラーン沿岸部の隆起と関連した溢水(いっすい)、またパンジャーブや北部ラージャスターンなどでは重要な交易路でもある河川の流路変更なども打撃を与え、やがて周縁部をも含めた文明の崩壊をみたのではないかと思われる。
 しかし東部パンジャーブなどでは、文明の遺産は少なくともハラッパー土器の技術に受け継がれ、この文化伝統は、アーリア民族がガンジス平原部にまで歩を進めて定着してのちの前1200年ごろまでも続いた。おそらくは技術面のみならず、社会、宗教、文化のさまざまな側面においても、インダス文明は後のインド亜大陸の文化展開にとっての大きな源流となった。それらはいまだにインド諸文化の底流、伏流の一部をなしている。[小西正捷]
『M・ウィーラー著、曽野寿彦訳『インダス文明』(1966・みすず書房) ▽M・ウィーラー著、小谷仲男訳『インダス文明の流れ』(1971・創元社) ▽曽野寿彦・西川幸治著『死者の丘・涅槃の塔』(1970・新潮社) ▽辛島昇・桑山正進・小西正捷・山崎元一著『インダス文明』(NHKブックス) ▽小西正捷著「インダス文明とアーリヤ世界の背景」(『岩波講座 世界歴史3』所収・1970・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインダス文明の言及

【インド】より

…その上に,西北方から侵入してきたコーカソイド型の人種がいくつもの波となって重なり広がっていた。インダス文明(前2300‐前1800)を形成した人びとの中に多数のこの型の人種が含まれている。また,インド・アーリヤ族(前1500‐前1200ころに侵入)はこの型の別の種族であった。…

【インド美術】より

…一方,中世後期に普及したイスラムは,インド固有の3宗教のそれとは異質な建築中心の美術を各地にのこしている(図)。 インド美術の歴史は,前2000年を中心に栄えたインダス文明に始まる。しかしその文明の崩壊から再び耐久材を用いた建築が出現する前6世紀ごろまでの1000年余りは資料的に空白である。…

【治水】より

…【米田 賢次郎】
【南アジア】
 南アジアは典型的なモンスーン気候に属し,6~7月の南西モンスーンの到来とともに雨季にはいり,河川も増水していく。古代インダス文明も雨季のインダス川の増水と氾濫を利用した溢流灌漑に農業的基礎をおいていた。秋口になって洪水がひくとともにコムギを播種した点は,エジプトやメソポタミアの古代文明の場合と類似する。…

【ドラビダ】より

…もっとも,フューラー・ハイメンドルフChristoph von Fürer‐Haimendorfのように,巨石文化が北インドにはほとんど存在せず,主として南インドに残されていることから,地中海地方から直接南インドへ海路によって渡来したのではないかとする説もある。 考古学,言語学の最近の研究成果によって,インダス文字がドラビダ系言語であることはほぼ確定し,また,インダス文明の担い手もドラビダ民族ではないかと推論されている。インド・アーリヤ民族最古の文献といわれる《リグ・ベーダ》にはドラビダ諸語からの借用が多くみられ,前8世紀以前にインド・アーリヤ文化に対するドラビダ文化の影響があったと考えられる。…

【パキスタン】より

…【清水 学】
【美術】
 インド亜大陸の北西部のパキスタンの美術は,亜大陸の他の地域のそれと不可分の関係にある一方,内陸アジアから異民族が絶えず流入し異質の文化が導入されたため他の地域と趣を異にする面もある。その美術は先史時代のインダス文明,古代のガンダーラ仏教美術,ムガル帝国時代のイスラム美術に代表される。インダス文明はインダス川流域を中心に前2350‐前1700年ころに栄えた文明で,モヘンジョ・ダロとハラッパーとの二つの都市遺跡がことに有名である。…

【ハラッパー】より

…パキスタンのパンジャーブ州ムルターン北東約140kmにあるインダス文明都市期を代表する都市遺跡。ラービー涸川南岸に位置する。…

※「インダス文明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インダス文明の関連キーワードインダス川エパミノンダスカラチインダスインド半島摩訶陀トキハインダストリーリュディア王国インダス川水利条約モヘンジョダロの遺跡群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インダス文明の関連情報