コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッシウム hassium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッシウム
hassium

人工元素の一つ。元素記号 Hs。原子番号 108。1984年ドイツのダルムシュタットにある重イオン研究所 GSIのゴットフリート・ミュンツェンベルクらは,鉛208に鉄58を衝突させると質量数 266の 108番元素を経て,質量数 265の 108番元素が得られることを報告した。国際純正・応用化学連合 IUPACと国際純粋・応用物理学連合 IUPAPは 1997年,元素名ハッシウム,元素記号 Hsと決定した。名前はダルムシュタットのあるヘッセン州の古名にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハッシウム(hassium)

8族に属する人工放射性元素の一。1984年、ドイツ、ダルムシュタットの重イオン研究所(GSI)のグループが鉛208に鉄58を衝突させて生成した。研究所の所在するヘッセン州のラテン語名ハッシアにちなむ。元素記号Hs 原子番号108。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハッシウム

原子記号Hs。原子番号108。人工元素の1つ。1984年ドイツのダルムシュタット重イオン研究所のミュンツェンベルクらは(208/)Pbに(58/)Feを衝突させると質量数266の108番元素を経て質量数265の108番元素が得られることを報告した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハッシウム
はっしうむ
hassium

周期表第8族に属する人工元素の一つ。原子番号108の元素。1984年ドイツのダルムシュタット重イオン研究所のミュンツェンベルクGottfried Mnzenberg(1940― )らは、鉛208(208Pb)に鉄58(58Fe)を衝突させると266108(質量数266の108番元素)を経て265108が得られることを報告した。265108は半減期2.4ms(ミリ秒)で、α(アルファ)崩壊する。国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)と国際純粋・応用物理連合(IUPAP:International Union of Pure and Applied Physics)は1994年暫定としてハーニウムhahnium(ドイツの化学者で核分裂の発見者O・ハーンにちなむ)としたが、1997年には元素名ハッシウム、元素記号Hsと決定された。ハッシウムはドイツのダルムシュタットのあるヘッセン州の古名にちなんだものである。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハッシウムの関連キーワードハッシウム(データノート)原子量一覧/元素名順ダームスタチウム周期表

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android