コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナギンチャク ハナギンチャク Cerianthus; tube anemone

2件 の用語解説(ハナギンチャクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナギンチャク
ハナギンチャク
Cerianthus; tube anemone

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱ハナギンチャク目ハナギンチャク科ハナギンチャク属に属する種の総称。体高 20~25cmの円筒状。後端はしだい細くなるか,球状に終わっており,イソギンチャク(→イソギンチャク類)のような足盤はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナギンチャク
はなぎんちゃく / 花巾着
tube anemone

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱六放サンゴ亜綱ハナギンチャク目Cerianthariaに属する海産動物の総称。現在3科8属約40種が知られる。一般に砂泥地にすみ、細長い体と、上端の口盤の外縁と内縁とに2種類の糸状の触手をもつ。体表から分泌した粘液でつくった管の中にすむ。虫体下端には小孔がある。単生で、群体をつくることはない。一見イソギンチャク類に似るが、管の中にすむこと、内外二系列の触手をもつこと、下端に小孔をもつことなどがイソギンチャク類と異なる。口盤中央の口から短い円筒形の口道が胃腔内に垂れ下がり、その一方に管溝という凹溝がある。管溝は多くのイソギンチャクでは背腹2個あるが、ハナギンチャク類ではかならず1個であり、管溝のある側を便宜上腹側とする。管溝を中心に左右三対の隔膜はハナギンチャクが幼生のときに最初に出現するもので、原始隔膜とよばれ、それ以後の隔膜は虫体背部が成長することによって原始隔膜の左右へそれぞれ付加され、原始隔膜に対して後隔膜とよばれる。
 成体では最背部の発達途中の少数の隔膜を除き、すべてが口道に達する完全隔膜となる。後隔膜は口道下端からわずかに出るものと、それよりやや下方にまで達するものの2種類が交互に発達し、長いほうにも短いほうにもさらに長短2種類があり、これも交互に出現する。したがって、ハナギンチャク類の隔膜は、六枚の原始隔膜の両側に四枚の隔膜を一組とした後隔膜の組が次々と付加されていく。隣り合った二枚の隔膜の間、すなわち隔膜腔の上方の縁端および口端から各1本の触手が出る。縁触手は口触手に比べて太くて長い。イソギンチャク類では放射状に配列する隔膜の隣り合った隔膜の間から新たな隔膜が発達する。したがって新しい隔膜の発達は虫体の全周にわたっておこる。しかし、ハナギンチャク類では隔膜は虫体の最背部の1点からだけ新生され、この点がイソギンチャク類ともっとも異なる点である。生殖腺(せん)は長いほうの後隔膜中に発達する。
 日本からは第二原始隔膜だけが突出して長く、ほとんど虫体下端に達するムラサキハナギンチャクCerianthus filiformisや、第一後隔膜が最長となるヒメハナギンチャクPachycerianthus magnusなどが知られる。ハナギンチャク類は一般に長生きで、50年以上の寿命をもつ。幼生は一般に長い浮遊期をもち、その後着底し、底生生活に入るが、ヒメハナギンチャクは直達発生で、母体から出た幼生は遊泳することがなく、すぐに着底して小形のハナギンチャクに変態する。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハナギンチャクの関連キーワードハナヤサイサンゴ八放珊瑚六放珊瑚花巾着サンゴ(珊瑚)造礁サンゴ(造礁珊瑚)ノウサンゴ(脳珊瑚)ハナギンチャク(花巾着)ハマサンゴ(浜珊瑚)六放サンゴ亜綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナギンチャクの関連情報