コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナズオウ(花蘇芳) ハナズオウCercis chinensis; Judas tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナズオウ(花蘇芳)
ハナズオウ
Cercis chinensis; Judas tree

マメ科の落葉低木。中国原産で,日本には江戸時代初期に渡来した。観賞用として広く庭園などに栽植される。樹高 4mに達し,円形厚質で光沢のあるなめらかな葉を互生する。葉脈は葉面の基部の一点で掌状に5つに割れ,下面は黄白緑色で葉柄の両端はややふくらむ。托葉は針形ですぐ脱落する。春早く葉の出る前に,枝のところどころに紅紫色の小型の蝶形花を数個ずつじかに束生する。果実は線状長楕円形の平たい豆果で,中に種子を2~5個生じる。本種のほかにアメリカハナズオウ C. canadensis,セイヨウハナズオウ C. siliquastrumも観賞用として栽植され,これらは小高木でばら色の花をつける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハナズオウ(花蘇芳)【ハナズオウ】

中国原産のマメ科の落葉低木。高さ3mぐらい。4月ころ,葉より早く長さ約2cmの紅紫色の蝶(ちょう)形花が群がって咲く。葉は互生し,ハート形で裏はやや緑白色。庭木,切花用に栽植される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android