コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマボウフウ

2件 の用語解説(ハマボウフウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハマボウフウ

セリ科の多年草。日本全土,東アジアの海岸の砂地にはえる。根は黄色で深くのび,茎は短くて,高さ5〜10cm。葉は砂上に広がり,2回3出複葉で,厚く,光沢がある。夏,茎頂に複散形花序を出し,小さな白花を開く。
→関連項目海岸植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマボウフウ
はまぼうふう / 浜防風
[学]Glehnia littoralis Fr. Schm.

セリ科の多年草。葉は1~2回3出複葉で、葉身は濃緑色で厚い。葉柄は赤みを帯びる。茎は初夏に約40センチメートルに伸び、複散形花序をつけ、白色の小花が密に開く。根はゴボウ状で、主根から多く分岐し、深く伸びる。東アジアの海岸に分布し、日本各地の海岸の砂浜にも自生する。若芽を刺身のつまとし、また、おひたしや和(あ)え物、漬物などにする。海岸に生え、野菜のようにして食用とするので、ヤオヤボウフウ(八百屋防風)ともいい、また葉柄が赤いのでサンゴナ(珊瑚菜)の名もある。野生品の利用もあるが、市販されているのは、栽培されたものが多くなっている。
 12~1月、あるいは3~4月に種子を播(ま)き、1夏株を育てる。秋に葉が枯れてから根株を掘り取り、仮植えしておき、11月ころから砂地の温床に植え込み、芽が10センチメートルに伸びたときに光を当て、葉柄の色を出してから収穫する。7~10日ごとに数回収穫できる。[星川清親]

薬用

日本では根を浜防風といい、中国産防風の代用品として漢方治療(感冒などの解熱、鎮痛薬)に用いるが、両者は種も薬能も異なっている。ハマボウフウは中国の海岸の砂地にも広く分布しており、その根を中国では北沙参(ほくしゃじん)と称して沙参(ツリガネニンジンの根)と同様に肺の熱をとり、鎮咳(ちんがい)、止渇作用があるとしている。これに対し防風は、ボウフウの根からとるもので、感冒のほか、関節痛、筋肉麻痺(まひ)などの治療に用いられる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハマボウフウの関連キーワードツワブキ馬芹アシタバウドオカヒジキオニユリセリツルナノビルヤマゴボウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハマボウフウの関連情報