コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルツ山地 ハルツさんちHarz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルツ山地
ハルツさんち
Harz

ドイツ,ニーダーザクセン州ザクセンアンハルト州にまたがる山地ゲーテの『ファウスト』によって不朽化された伝説をもつブロッケン山 (1142m) を中心に,北西-南東に長さ約 100km,幅約 30kmに及ぶ。うち北西部は比較的標高が高く,オーバーハルツと呼ばれ,保養・観光地となっている。北ドイツの平原から最も近い山地で,景観に恵まれ,鉱泉もあり,伝説も多いことなどから観光客が多く,ウィンタースポーツの中心地としてもにぎわう。南東部はウンターハルツと呼ばれ,農業,林業が行われ,牧草地も多い。山地では 10世紀頃から銀,金,銅,鉄の採掘が行われたが,現在ではそれに代って大理石花崗岩の採掘が盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハルツさんち【ハルツ山地 Harz】

ドイツ中央部,北ドイツ低地と南側の山地地域との境界に位置する山地。北側を南東―北西方向の断層で切られた長さ90km,幅30kmの地塁山地で,北および西側は急傾斜をなしてハルツ前地に臨み,南および東側は緩やかに下っている。古生代硬砂岩片岩ケイ岩,花コウ岩などからなるが,山地の形成は第三紀の地殻運動によるもので,ところどころに火山岩類の貫入がみられる。最高峰はブロッケン山(1142m)。山地は鉱産物に富み,岩塩,鉄鉱石,銅,鉛,銀,カリ塩など多種の鉱物が採掘され,鉱業が盛んに行われてきたが,現在は大きく後退してしまった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルツ山地
はるつさんち
Harz

ドイツ中央部の山地。西北西―東南東に延び、長さ約100キロメートル、幅約30キロメートル。ドイツ中位山地の北端部にあたり、全般になだらかな山地であるが、西側と北側は比較的急傾斜をなす。ゲーテの『ファウスト』に出てくる最高峰ブロッケン山(1142メートル)は、山地の中央部にある。古くから銀、鉛、銅、鉄などの鉱石が採掘され、16世紀から18世紀にかけ、多くの鉱山が開かれてにぎわったが、現在ではほとんど採掘されていない。大部分が森林に覆われているが、低い緩やかな部分には農地も少なくない。谷をせき止めた美しい人造湖がいくつかあり、上水道用水源として用いられている。山間部や山麓(さんろく)には観光・保養地が多い。[浮田典良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハルツ山地の言及

【ドイツ】より

…ここでは山地や低地,河川の方向によって示される構造に系統性がある。それらは,オーバーライン地溝によるほぼ南北(ライン)方向,ハルツ山地による南東~北西(ハルツまたはズデーテン)方向,およびライン片岩山地またはエルツ山脈による南西~北東(バリスカンまたはエルツ)方向である。より大局的には,西はアルデンヌ高原から東はポーランド中山山地に連続する中部ヨーロッパ中山山地の一部をなしている。…

※「ハルツ山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハルツ山地の関連キーワードクヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街チューリンガー・ワルト山地バートガンデルスハイム含銅ケツ岩(含銅頁岩)クウェートリンブルクアッシェルスレーベンクウェドリンブルクハルバーシュタットヴェルニゲローデ城ブラウンシュワイクザンガーハウゼンブロッケン[山]ウェルニゲローデワルプルギスの夜ランメルスベルクバリスカン造山帯チューリンゲン州ミッテルゲビルゲシュタッスフルトアイスレーベン