コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルマヘラ島 ハルマヘラとうPulau Halmahera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルマヘラ島
ハルマヘラとう
Pulau Halmahera

インドネシアマルク諸島最大の島。マルクウタラ州に属する。四つの半島からなる赤道直下にある島で,脊梁山脈(900~1500m)が走り,全体に森林に覆われる。かつてはジャイロロを首都とするイスラム王国があったが,14世紀末に北部はテルナテ王国,南部はティドレ王国の属領となった。1683年からオランダの支配下に置かれた。北部の住民は西パプア語(→パプア諸語),南部はオーストロネシア語族の言語を用いる。内陸部では狩猟,淡水漁業,サゴデンプン(→サゴヤシ)の採集などが行なわれ,海岸部では米のほか,ココナッツ,ココア,丁香(チョウジ),ナツメグ,コーヒーなどの商品作物が生産される。ニッケル資源の開発が進んでいる。面積 1万7780km2

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハルマヘラ‐とう〔‐タウ〕【ハルマヘラ島】

Pulau Halmahera》インドネシア北東部、モルッカ諸島北部にある島。同諸島最大の島であり、太平洋、モルッカ海ハルマヘラ海に面する。アルファベットのKに似た四つの半島からなり、山がちで密林に覆われる。丁子(ちょうじ)を産し、テルナテ島を本拠とするスルターン王国の下で香料貿易が行われた。ジャイロロ島ジロロ島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルマヘラ島
はるまへらとう
Pulau Halmahera

インドネシア北東部、モルッカ諸島北部にある同諸島最大の島。別称ジャイロロDjailolo島。面積1万8000平方キロメートル。西岸はモルッカ海に面し、東岸の北部は太平洋に、南部はハルマヘラ海に臨む。島の形はK字状をなし、同島西岸沖合い240キロメートルにあるスラウェシ島を小型化した様相を呈する。すなわち、北・北東・南東・南方向に突出する四つの半島から構成され、それぞれに山脈が走っている。構造的には環太平洋造山帯に属し、最高峰のガムコノラ山(1635メートル)をはじめいくつかの火山が主として北部半島に点在する。海岸線は入り江に富み、概して複雑である。南部半島の中央部を赤道が通過し、高温多湿の気候を呈する。年降水量は2300ミリメートル。
 かつては西隣の小島テルナテ島を中心に繁栄したテルナテ土侯国の支配下にあったが、17世紀後期にオランダの植民地となり、さらに太平洋戦争時には日本軍に占領された。住民はマレー系種族のアルフール人とパプア系種族で、香料、サゴヤシ、タバコ、米などを栽培する。北部半島が島の経済活動の中心をなし、沿岸部には西岸のジャイロロをはじめ多数の集落がある。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハルマヘラ島の関連キーワードインドネシア諸言語フィリピン海溝モロタイ[島]バチャン[島]テルナテ[島]ウェーバー線タラウド諸島アルフール人ホカケトカゲティドール島アルフル族福田 定良ティドレ島バチャン島モロタイ島稲作文化パプア州トベロ族雨乞いオビ島

ハルマヘラ島の関連情報