コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンムラビ ハンムラビHammurabi; Hammurapi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンムラビ
Hammurabi; Hammurapi

バビロン第1王朝 6代目の王。ハンムラピとも呼ばれる。在位年数については,前 1792~前 1750年と前 1728~前 1686年の2説がある。 25歳の頃即位,6年間宗教や内政の整備に力を注いだあと,対外的発展を企て,強国に囲まれた小さな都市国家の中心にすぎなかった王国を,外交的・軍事的手段を巧みに用い,ユーフラテス川の支配を戦略的眼目におきつつ,強大な国に築き上げた。治世 30年目には宿敵リム=シンを破り,アッカド,シュメール,エラム,マリアッシリアの全領域を支配し,全バビロニアを統一してその黄金時代を築いた。首都バビロンはオリエント世界の中心として栄え,前 3000年代初期以来,南部にあったメソポタミアの歴史の舞台は,以後 1000年にわたって北部に移されるにいたった。彼は外敵に対しては厳しかったが,対内政策においては「民の牧者」としてふるまい,神殿造営,宗教の正しい励行,個人の権利の保障,官吏の汚職の糾弾,灌漑施設の整備,農業の振興,交易路の確保など善政を行なった。出土した多くの粘土板は,彼が国内の情報を的確に入手し,それに適応する政策を打ち出す努力をしたことを物語っている。しかし強力な行政機構を確立するにいたらず,彼の軍事的成果は短命に終わった。彼の制定した『ハンムラビ法典』は特に有名であり,また『ギルガメシュ叙事詩』などの文学が定着したのも彼の時代のことである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハンムラビ

ハンムラピ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のハンムラビの言及

【ハンムラピ】より

…在位,前1792‐前1750年。ハンムラビ(ハムラビ)Hammurabiともいう。治世の最初の11~12年間は,北のアッシリアに強力な支配者シャムシアダド1世が存在したため彼の影は比較的薄かったが,シャムシアダド1世の死後,ハンムラピは後のバビロニア統一のための基礎を築き始める。…

※「ハンムラビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハンムラビの関連キーワードシャムシ=アダド1世ルーブル美術館バビロニア美術カッシート人ウル第3王朝エシュヌンナスーサ遺跡ボルシッパリム=シンマリ遺跡ラムマンアモリ人アララクモルガン田辺繁子イシン扶養料ラルサ

ハンムラビの関連情報