コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハートビル法 ハートビルほう

4件 の用語解説(ハートビル法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハートビル法
ハートビルほう

平成6年法律44号。正式名称「高齢者,身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」。病院,劇場,集会場,展示場,デパートなど不特定かつ多数の人が利用する政令が定める公共施設において,出入口,廊下,階段,エレベータトイレなどを高齢者や身体障害者が支障なく利用できるよう対策を促すもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハートビル‐ほう〔‐ハフ〕【ハートビル法】

ハートビルは、〈和〉heartful+buildingから》公共性の高い建築物に対して、高齢者や身体障害者らに利用しやすい施設整備を求めた法律。平成12年(2000)施行。正式名称は、「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」。平成18年(2006)、同法と交通バリアフリー法を統合したバリアフリー新法が施行された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハートビル法【ハートビルほう】

正式には1994年に制定された〈高齢者,身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建設の促進に関する法律〉。建築物のバリアフリー化を劇場やデパート,病院,ホテルなど不特定多数の人が出入りする公共的な建築物にも広げるよう定めたもの。
→関連項目建築基準法ノーマライゼーションバリアフリー新法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハートビル法
はーとびるほう

バリアフリーを促進する法律「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」(平成6年法律第44号)の通称。1994年(平成6)9月に施行された。同法の認定を受けると補助金や低利融資が受けられた。段差のない出入り口視聴覚障害者に利用しやすいエレベーター、車いすでも楽に利用できる駐車場などに基準が設定されており、スーパーなどでは「人に優しい店舗」というイメージが消費者に好印象をもたれるとあって、1995年ころから認定を受ける企業が増えてきた。
 その後、2006年に、ハートビル法と交通バリアフリー法(「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」)は統合され、バリアフリー新法(「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」)が成立、施行された。バリアフリー新法の施行に伴い、ハートビル法は2006年12月に廃止された。[高三啓輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハートビル法の関連キーワードエリザベートビルアルハーゼンインテリジェントビルエンパイアステートビルディングハートフルハーフコートフィルハーモニー潤びるハートビートモービルハム

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハートビル法の関連情報