コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイシャ バイシャVaiśya

翻訳|Vaiśya

4件 の用語解説(バイシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイシャ
バイシャ
Vaiśya

インドのカーストの一つ。ビシュ visともいう。4カーストのうち,バラモンクシャトリヤに次ぐ第3の階級で,庶民すなわち,農耕,牧畜,商業に従事する人々。第4のシュードラが被征服民とされるのに対して征服民であるアーリア人に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バイシャ

インドのバルナ(種姓)制度の第3位に当たる庶民階級バラモン教の法典では農業・牧畜業・商業に従事すべき規定がある。後世には,手工業・商業・交易を職業とする者をさし,現在では商人カーストの多くがバイシャに属する。
→関連項目プルシャ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バイシャ【vaiśya】

インドのバルナ(種姓)制度で第3の庶民階級。《マヌ法典》などのインド古典では,農業,牧畜,商業に従事することが義務づけられている。バイシャという語は前期ベーダ時代アーリヤ人の氏族,部族を意味した〈ビシュviś〉に由来する。つづく後期ベーダ時代に部族内部が階層分化し,司祭者(バラモン)と王侯・武士(クシャトリヤ)の両バルナが成立すると,農業,牧畜,商業に従事していた部族の一般民はバイシャとして位置づけられ,上位の両バルナを貢納によって支える義務を負わされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイシャ
ばいしゃ
Vaiya

古代インドで成立した四つの社会階層(バルナ)の一つで、農民、手工業者などの庶民階層。
 四バルナ社会理論においては、再生族(学問を始める儀式であるウパナヤナ=入門式を受けることによって二度生れる者という意)とされ、一生族(ウパナヤナを受けないので一度しか生れない者の意)としてのシュードラから区別されたが、実際の社会において、両階層の間にどれだけの区別があったかという点については、かならずしも明確ではない。中世カースト制度においては、商人諸カーストのみがバイシャに属するとされ、農民や手工業者の諸カーストはすべてシュードラに属するとされた。[小谷汪之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバイシャの言及

【インド[国]】より

…正式名称=インドBharat∥India面積=328万7263km2(ジャンムー・カシミール(12万1667km2)を含む)人口(1996。ジャンムー・カシミールを含む)=9億5296万人首都=ニュー・デリーNew Delhi(日本との時差=-3.5時間)主要言語=ヒンディー語(公用語),英語(準公用語),テルグ語,アッサム語,マラーティー語,ベンガル語,タミル語など憲法にあげられている17の地方の公用語通貨=ルピーRupee国名はヒンディー語ではバーラトBharatという。…

【カースト】より

…インドではカースト集団を〈生まれ(を同じくする者の集団)〉を意味するジャーティjātiという語で呼んでいる。 一方,日本ではカーストというとインド古来の四種姓,すなわち司祭階級バラモン,王侯・武士階級クシャトリヤ,庶民(農牧商)階級バイシャ,隷属民シュードラの意味に理解されることが多い。インド人はこの種姓をバルナvarṇaと呼んできた。…

【バルナ】より

…(2)クシャトリヤ 政治や戦闘による人民保護。(3)バイシャ 農業,牧畜,商業,金貸。(4)シュードラ 隷属的労働や手工芸による上位3バルナへの奉仕。…

※「バイシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

バイシャの関連キーワード白咲アリービス島小ねじビスコンティ[家]プラスねじビスコンティ家ビリアル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイシャの関連情報