コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バギオ バギオ Baguio

翻訳|Baguio

6件 の用語解説(バギオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バギオ
バギオ
Baguio

フィリピン,ルソン島西部,ベンゲット州にある高原都市。コルディエラセントラル山脈南西部,標高 1400mの高原上にあり,年平均気温約 18℃。マニラ北方 210kmにあり,自動車道結ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バギオ(Baguio)

フィリピン、ルソン島北部の観光都市。コルディレラ地方の中心地。首都マニラの北約250キロメートル、標高約1500メートルの高地に位置する。20世紀初頭、米国統治時代に避暑地として建設。道路建設や高原野菜の栽培などに日本人が関わったことで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バギオ

フィリピンのルソン島北部の都市。1909年政令都市となる。標高1500mの高地にあり,市街は20世紀初め,在留米国人の避暑地として計画的に建設された。1905年開通の平野部への道路(ベンゲット道路)工事には多くの日本人移民が加わり,難工事として知られた。

バギオ

熱帯低気圧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バギオ【Baguio】

フィリピンのルソン島北部にある高原都市。人口17万(1994)。中央コルディレラ山脈南部,標高約1400mの高原に位置し,年降水量は4298mmと多く,気温は年平均18℃と冷涼である。ために熱帯低地にはみられない松林に覆われ,朝夕霧のかかることが多い。地名は,一説によると地方語で〈コケ〉を意味するビギウに由来する。20世紀初頭,アメリカはここに避暑地の建設を計画,急峻な山腹を中部ルソン平野に向かって一気に駆け降りるジグザグ道路の建設にとりかかり,多くの日本人労働者を雇い入れての難工事の末1905年に開通をみた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バギオ【Baguio】

フィリピン、ルソン島北西部の保養都市。海抜1370メートルの高原に位置する避暑地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バギオの関連キーワードカバナトゥアンシランルソン島比律賓フィリピン諸島フィリピン鷲クリビッルソンの谷間フィリピンの金ビガン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バギオの関連情報