コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッラバ Vallabha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッラバ
Vallabha

[生]1473/1479
[没]1531
インドの哲学者。その立場は純粋一元論といわれ,もろもろの個我ブラフマンという原因から生じ,本来ブラフマンと異ならず,現象世界もともに清浄であるとする。彼に発する教団は,多くの商人を包含し,世俗化した。著書に『ブラフマ・スートラ』の注解がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バッラバ【Vallabha】

1473‐1531
南インドのベーダーンタ学派の哲学者。アーンドラ・プラデーシュ州のバラモン階級出身。ワーラーナシーに住んでいた父が,イスラム教徒が侵入して来ると聞いて逃げる途中,その近くのパンパラーニヤで月満たずに生まれたと伝えられる。8歳のとき,父から入門式を受け,その後ビシュヌ・チッタの下で学んだ。のち結婚し,1518年に息子ビッタラナータViṭṭhalanāthaが生まれ,やがて世を捨てて遊行者となり,31年に没した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッラバ
ばっらば
Vallabha
(1473―1531)

インドのベーダーンタ学派の哲学者で、ヒンドゥー教ビシュヌ派の一派バッラバ・アーチャールヤ派の開祖。主として北インドで活躍した。著作に、『ブラフマ・スートラ注』、『バーガバタ・プラーナ注』、『タットバールタ・ディーパ・ニバンダ』などがある。ブラフマン(梵(ぼん))と個我・現象世界とはともに、純粋精神であり不異であるとして、純粋一元論を説いた。また、ブラフマンをクリシュナ神と同一視して、神への奉仕を説き、天界で彼の遊びに加わることを理想とした。[島 岩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バッラバの関連キーワードベーターラパンチャビンシャティカーインド哲学/用語スールダースバーガバタ派インド哲学ガンガ朝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android