コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バブコック

百科事典マイペディアの解説

バブコック

米国の機械技術者。1867年ウィルコックスと協力して傾斜式水管ボイラーの特許を取得。バブコック・ウィルコックス会社を創立し,水管ボイラーの製造と改良に専心。→ボイラー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

バブコック

アメリカ、バブコックスワイン社が作出したハイブリッド豚(合成豚)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バブコック【George Herman Babcock】

1832‐93
アメリカの発明家,機械技術者。1854年,父とともに多色刷印刷機を発明し,印刷業に従事した。その後鉄工所で働いた後,S.ウィルコックスと出会い,共同して蒸気機関の開発製作に従事することになる。ウィルコックスが特許を得ていた傾斜管方式の水管式ボイラーに共同で種々改良を加え,67年水管式ボイラーの代表的なものの一つになったバブコック=ウィルコックスボイラーの特許を取得,このボイラーを中心に蒸気機関の製造に従事した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バブコックの関連キーワードバブコック(George Herman Babcock)マグネトグラフダイナモ理論館ヶ森高原豚どんぐり豚サバンナ号化学特異星呉(市)乳脂計磁変星テサ法道化

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android