コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラバ バラバ Barabbas

翻訳|Barabbas

4件 の用語解説(バラバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラバ
バラバ
Barabbas

新約聖書福音書中の人物。総督ピラト過越祭 (すぎこしのまつり) の特赦に際し,祭司長や群衆の要求によってイエスの代りに許した殺人者,暴動の指導者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

バラバ

円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣。殺し屋超獣。初登場作品は『ウルトラマンA(エース)』。身長75メートル、体重8万5千トン。ヤプール人が蝶の幼虫と宇宙怪獣を合成して作り上げた超獣。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バラバ【Barabbas】

新約聖書中の人物。その名は〈父abbasの子bar〉の意。《マルコによる福音書》15章7節以下では,ユダヤ人の暴徒で囚人として登場し,ユダヤ教過越の祭に際して,民衆の要求に応じた総督ピラトがイエスの代わりに釈放する人物。この種の恩赦は他に事例がないが,もし史的事実であるとしても,元来イエスの裁判とは無関係な事件であって,福音書の記述はイエスの刑死の責任をユダヤ人に負わそうとする作為に基づくと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バラバ
ばらば
Bar-abbaアラム語
Barabbasギリシア語

生没年不詳。イエスと同時期に、おそらくローマに対する反抗運動をしたために、エルサレムでローマ総督ピラトによって捕らえられていたユダヤ人。『新約聖書』は、当時ローマ総督は過越(すぎこし)祭に際しユダヤ人の指名する囚人1人に恩赦を与える習慣であったが、ピラトが民衆にイエスかバラバか、いずれかを選ぶよう促したところ、民衆はバラバの釈放を求め、イエスを十字架につけよと叫んだ、と伝えている。『新約聖書』以外には記録はない。[佐竹 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バラバの関連キーワードバイブル新約ユダ山谷省吾《アイヌ語新約聖書》《旧・新約聖書注解》新約聖書学《新約聖書共同訳》《新約聖書と神話論》《ティンダル訳新約聖書》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バラバの関連情報