バルガスリョサ(英語表記)Mario Vargas Llosa

デジタル大辞泉の解説

バルガス‐リョサ(Mario Vargas Llosa)

[1936~ ]ペルー小説家。ブルジョア世界の悪を鋭くあばく多くの作品を発表し、ラテンアメリカ文学の人気を高めた。1990年にはペルーの大統領選に出馬したが、フジモリに敗れた。2010年、ノーベル文学賞受賞。作「都会と犬ども」「緑の家」「世界終末戦争」など。バルガス=ジョサ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バルガスリョサ【Mario Vargas Llosa】

1936~ ) ペルーの小説家。1960年代に発表した長篇「都会と犬ども」「緑の家」でラテン-アメリカ文学ブームの立役者となる。社会の現実すべてを映す全体小説に挑む。90年大統領選に出馬、フジモリに破れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android