コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルテュス Balthus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルテュス
Balthus

[生]1908.2.29. フランス,パリ
[没]2001.2.18. スイス,ロシニエール
フランスの画家。本名 Balthazar Klossowski。20世紀を代表する具象画家で,街の風景,画家仲間の肖像,エロティックな少女像などで知られる。ポーランド人の芸術家夫妻の息子として生まれた。おおむね独学で画家になり,古典美術の巨匠,ピエロ・デラ・フランチェスカやニコラ・プーサンの影響を受けた。16歳でネコを描いた画集『ミツ』Mitsouを出版,母の友人であるドイツの作家で詩人のライナー・マリーア・リルケが序文を寄せた。1924年パリに移り,1934年に同地で初の個展を開催。1938~77年にニューヨークのピエール・マティス・ギャラリーで 8回,1956年ニューヨーク近代美術館 MOMAで個展を開催。1961~77年ローマのフランスアカデミー館長を務め,その間に日本人アーティスト出田節子と再婚する。1983年にジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センター,翌 1984年に MOMAで大回顧展が開催された。1977年からスイスに住み,創作を続けた。代表作には,年上の女性の膝に少女が横たわる『ギター・レッスン』(1934),徹底した写実に幻想を織り交ぜた『山』(1937)など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バルテュス

本名バルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ。パリに生まれ、母の恋人で詩人のリルケの後押しで絵に傾倒し、26歳で初個展を開いた。抽象画主流の20世紀に、緊張感のある構図で室内の少女を描いたり、静けさを秘めた風景画を描いたりして独自の絵画を追究した。

(2015-05-23 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

バルテュス(Balthus)

[1908~2001]フランスの画家。本名バルタザール=クロソウスキー=ド=ローラ(Balthazar Klossowski de Rola)。シュールレアリスムの傾向の強い作風で、少女像や街路・室内の光景などを描く。「コメルス‐サンタンドレの横丁」「アリス」「通り」「山」など。バルチュス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バルテュス【Balthus】

〔本名 Balthazar Klossowski de Rola〕 (1908~2001) フランスの画家。作家クロソフスキーの弟。白昼夢のような官能的少女像や室内画、独特なイメージの風景画で知られる。作「アリス」「通り」「山」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

バルテュス

生年月日:1908年2月29日
フランスの画家
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

バルテュスの関連キーワード春美 クロソウスカ・ド・ローラ有り得べからざるものシャン サ生年月日

バルテュスの関連情報