コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロー Barrault, Jean-Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バロー
Barrault, Jean-Louis

[生]1910.9.8. ベジネ
[没]1994.1.22. パリ
フランスの俳優,演出家。画家を志してパリに上るが,1931年から C.デュランの劇団アトリエ座に学ぶ。『母をめぐりて』など前衛的習作ののち,40年コメディー・フランセーズに入り,P.クローデルの『繻子の靴』 (1943) などを演出,自演。 46年妻ルノーとともにマリニー座を本拠とする自身の劇団を結成,フランス演劇の第一人者として『ハムレット』や F.カフカの『審判』など,古典から現代戯曲まで幅広い舞台を見せた。またパントマイム役者として知られ,『天井桟敷の人々』 (45) など多数の映画にも出演。 59年テアトル・ド・フランスの初代監督となり,E.イヨネスコの『犀』 (60) などで成功したが,68年の「五月危機」で地位を失った (→オデオン座 ) 。その後モンマルトルの元レスリング・ホールで『ラブレー』 (68) を,旧オルセー駅を改造した劇場で P.クローデルの『バレアレス諸島の風の下で』 (72) などを上演したのち,80年シャンゼリゼの元スケート・リンクに新たな劇場を得た。

バロー
Barrot, (Camille-Hyacinthe-) Odilon

[生]1791.7.19. ロゼール,ビルフォール
[没]1873.8.6. セーヌエオアーズ,ブジバル
フランスの政治家。王政復古期に立憲君主派としてルイ・フィリップを支持。七月王政の議会では王朝的左翼として 1846~47年の改革宴会の組織者の一人となった。ルイ・ナポレオン (ナポレオン3世) によって首相に任命された (1848~49) が,そのクーデターに反対して政界を去った。第二帝政崩壊後 L.ティエールによって国事院の国務参事官に任命された (72) 。

バロー
Barrow, Errol Walton

[生]1920.1.21. バルバドス
[没]1987.6.1. ブリッジタウン
バルバドスの政治家。ハリソン,ロンドン両大学卒業。弁護士を経て,1949年イギリス領バルバドスの議会議員に当選。 55年民主労働党の結成に参加し,58~76年同党党首。 61年自治政府の首相となり,独立達成後 66年 12月の総選挙で再選され,初代首相となった。 71年3選され,76年まで政権を担当し,さらに 86年政権に返り咲いたが,在職中に死亡した。

バロー
Barrow, Isaac

[生]1630.10. ロンドン
[没]1677.5.4. ロンドン
イギリスの数学者。ケンブリッジ大学で文学,科学,哲学を学ぶ。 1662年ロンドンのグレシャム・カレッジ幾何学教授,63年からケンブリッジに新設されたルーカス数学教授。 69年ロンドンの勅任牧師となるため辞任,ニュートンが跡を継いだ。ルーカス教授として,数学の基礎,無限小解析,光学について講義を行う。光学の講義はニュートンに影響を与えたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バロー(Barrow)

米国アラスカ州最北部の町。同国最北端のバロー岬がある。エスキモーが住民の大半を占める。

バロー(Jean-Louis Barrault)

[1910~1994]フランスの俳優・演出家。古典から前衛劇まで幅広い演目を扱い、特に舞台芸術の総合をめざす全体演劇を主張。「天井桟敷の人々」など映画出演も多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バロー

フランスの俳優,演出家。画家志望から演劇に転じ,デュランに師事。アルトーなどと前衛劇を上演するかたわら,ドクルーにパントマイムを学び自己の演技術を確立。1940年コメディ・フランセーズに招かれ,M.ルノーと結婚。
→関連項目クローデル天井桟敷の人々ブーレーズ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

バロー

正式社名「株式会社バロー」。英文社名「VALOR CO., LTD.」。小売業。昭和33年(1958)「株式会社主婦の店」設立。同45年(1970)「株式会社主婦の店バロー」に改称。同49年(1974)現在の社名に変更。本社は岐阜県多治見市大針町。スーパーマーケット。中部・北陸地区地盤。ドラッグストアやホームセンターなども展開。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード9956。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バロー【Jean‐Louis Barrault】

1910‐94
フランスの俳優,演出家。薬剤師の子として生まれ,初め画家を志したが,1931年演出家C.デュランの門下生となりアトリエ座で俳優修業を始める。そのかたわら,E.ドクルーにマイム(ミーム)を学び,またA.アルトーに兄事して,その演劇論の影響を受けた。35年に演出・主演したW.フォークナー原作の《母をめぐりて》は,アルトーから激賞された。同年アトリエ座から独立。そして37年,セルバンテス作《ヌマンシア》上演の際の劇詩人P.クローデルとの出会いが,全体演劇を志向する演劇人としての彼の方向を決定づけることとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バロー【Jean-Louis Barrault】

1910~1994) フランスの俳優・演出家。舞台芸術の総合をはかる全体演劇を目指し、クローデルの「クリストファー=コロンブスの書物」上演でそれを結実。映画「天井桟敷の人々」でも知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

バロー

生年月日:1791年7月19日
フランスの政治家
1873年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のバローの言及

【アルトー】より

…存在の根底に潜む混沌を肉体を通じて舞台上にはんらんさせ,ペストののっぴきならぬ暴力を演劇によみがえらせようとした。その幻視者的演劇論は《演劇とその分身》(1938)に収められ,J.L.バローらの演劇人,50年代不条理劇,60年代の肉体演劇に強い影響を与えた。その主張は古代ローマの暴君を描いた小説《エリオガバール,あるいは戴冠したアナルシスト》(1934)にもうかがえるが,残酷演劇の実践として上演した《チェンチ一族》は失敗に終わる(1935)。…

【全体演劇】より

…彼の試みが,現実の劇場と結びつくことが無理であればあるほど,その理念は同時代のさまざまな実験をはるかに超えて,演劇の可能性を飛躍的に拡大させたのであった。 このようなアルトーの,観客を挑発し,その全体性に働きかける演劇理念を,のちに明確に〈全体演劇〉と名付けて実践したのが同じフランスの演出家・俳優J.L.バローである。彼は初め師C.デュランから,どんな細部にも不協和音を立てない調和美の演劇を学び,それを基盤にあらゆる演劇の要素を一体化し,劇場空間を一つの詩的宇宙に変容させることに成功する。…

【天井桟敷の人々】より

… 第1部〈犯罪大通り〉,第2部〈白い男〉という2部構成で,1840年代のパリのブールバール・デュ・タンプル(〈犯罪大通り〉の名で呼ばれた)を主要な舞台に,パントマイムを舞台芸術にまで高めた偉大な創始者として知られるJ.G.ドビュロー,ロマン派演劇の名優F.ルメートル,悪名高き犯罪詩人ピエール・フランソア・ラスネールといった実在の人物が,娼婦ガランスやドビュローが活躍したフュナンビュール座の座長の娘ナタリーといった虚構の人物と入りまじって,まさに虚々実々の恋愛絵巻をくりひろげる波乱万丈の物語である。ガランスにアルレッティ,ドビュローにジャン・ルイ・バロー,ルメートルにピェール・ブラッスール,ラスネールにマルセル・エラン,座長の娘ナタリーにマリア・カザレスという完ぺきな配役と,彼らを取り巻く俳優陣(伯爵を演ずるルイ・サルー,〈乞食〉のガストン・モド,下宿屋のおかみジャーヌ・マルカン等々)のみごとな演技もあって,フランス映画の不朽の名作となっている。【広岡 勉】。…

【フランス演劇】より


【20世紀】
 20世紀フランス演劇をその変革の相においてとらえれば,大別して三つの時期を認めることができる。第1は,1913年,J.コポーによる〈ビユー・コロンビエ座〉創設から,両大戦間におけるL.ジュベ,C.デュラン,G.ピトエフ,G.バティの4人の演出家による〈カルテル四人組〉の時代,第2は,J.L.バローによるカルテルの遺産の発展と並行して50年代に起きる三つの事件,すなわちJ.ビラールによる〈民衆演劇運動〉と〈演劇の地方分化〉の成功,E.イヨネスコ,S.ベケット,A.アダモフ,J.ジュネらの〈50年代不条理劇〉の出現,そして〈ブレヒト革命〉であり,第3の時期は,68年のいわゆる〈五月革命〉によって一挙に顕在化した社会的・文化的危機の中で,演劇が体験した一連の大きな〈異議申立て〉(A.アルトーの徴の下に広がった〈肉体の演劇〉を中核とする)とその結果である。
[演出家の時代――コポーと〈カルテル四人組〉]
 演出家で集団の指導者をフランス語でアニマトゥールanimateurと呼び,20世紀を〈アニマトゥールの世紀〉と称するが,コポーはアニマトゥールの枠組みそのものを提示した人物である。…

※「バロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バローの関連キーワードルノー(Madelaine Renaud)バイカウントメルビル海峡ウォーターフォード俺たちに明日はないイヌイット周極会議モーリス ジャールスパンキーバローバルーチスターンアラン キュニージョー ルイスクリストファープルドー・ベイボーフォート海モード家の一夜バロー[岬]オートレッドフシコクシンフェードーロジャーズカンブリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バローの関連情報