コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンカ島 バンカとうPulau Bangka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンカ島
バンカとう
Pulau Bangka

インドネシアスマトラ島南東部の東方にバンカ海峡を隔てて位置する島。バンカブリトゥン州に属する。主都パンカルピナン。パレンバン王国に統治されていたが,1812年にイギリス,1814年にオランダの支配下に入った。1709年にスズ鉱山が発見され,パレンバン王国が中国人(→ハッカ〈客家〉)を雇って開発,ブリトゥン島とともに世界有数のスズ産地となった。ほかにも銅,鉛,金,鉄,マンガンの鉱床がある。米,コショウ,阿仙薬(ガンビール),コーヒー,ココヤシを産する。住民はおもに移住してきたマレー人と中国人からなり,山岳部には先住民も居住する。面積 1万1330km2

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バンカとう【バンカ島】

インドネシア、スマトラ島の南東岸沖にある島。世界的なスズの産地。中心都市パンカルピナン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンカ島
ばんかとう
Pulau Bangka

インドネシア西部、スマトラ島南部の東岸沖にバンカ海峡を隔てて横たわる島。長さ219キロメートル、幅111キロメートル、面積1万1340平方キロメートル、人口約30万。北西から南東方向に細長く、全体的に丘陵性の地形をなし、北部には最高峰のマラス山(692メートル)がそびえる。海岸線は比較的単調であるが、低湿地が多いため良港に乏しい。気候は熱帯モンスーンに属し、3000ミリメートル以上の年降水量を記録する。錫(すず)の産地として世界的に有名で、隣接するシンケプ島、ビリトゥン島とともに「錫群島」を形成する。錫の採掘は18世紀の初期にオランダの東インド会社によって開始された。以来、華僑(かきょう)、マレー人などが鉱山労働者として多数渡来するようになり、島の人口は急増した。中心都市は東岸のパンカルピナンPangkalpinang。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バンカ島の関連キーワードルム=バン・ロイエン協定インドネシアの原発スマトラスラタン州ビリトゥン[島]スリウィジャヤビリトゥン島シンケプ島リンガ諸島ムントクジャワ海砂錫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android