コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウルス パウルスPaullus, Lucius Aemilius

4件 の用語解説(パウルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウルス
パウルス
Paullus, Lucius Aemilius

古代ローマの政治家 M.レピドゥスの兄。アエミリウス・パウルスとも呼ばれる。前 63年 L.カチリナの陰謀を告発したが,前 59年にはポンペイウス (大ポンペイウス) の殺害を企てたとの不当な告発を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パウルス
パウルス
Paulus, Friedrich

[生]1890.9.23. ヘッセブライテナウ
[没]1957.2.1. ドレスデン
ドイツの陸軍軍人。第2次世界大戦中の 1940~42年まで作戦部長をつとめたうえ,南ロシアを攻略する第6軍司令官となった。スターリングラード (現ボルゴグラード) でソ連軍に包囲され,ヒトラーは,籠城戦を督励するため陸軍元帥の称号を授与したが,43年1月 31日に力尽きて降伏。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パウルス
パウルス
Paulus, Iulianus

3世紀の前半に活躍したローマの法学者。セプティミウス・セウェルス帝およびカラカラ帝の顧問官を歴任し,アレキサンデル・セウェルス帝の治世に副皇帝ともいうべき近衛長官となった。多作家で,70種類,約 320巻に上る著作を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パウルス【Julius Paulus】

ローマ法古典期(元首政期)晩期の,ウルピアヌスとほぼ同時代の代表的法学者。その出身,生没年は不詳であるが,セプティミウス・セウェルス帝およびカラカラ帝の顧問会に列したことが知られ,アレクサンデル・セウェルス帝のもとで近衛長官を務めたといわれる。それまでのローマ法学の膨大な内容を集大成した《永久告示注解》80巻,《サビヌス注解》16巻のほか,具体的事案を論じた《質疑録》26巻,《解答録》23巻などの著作があり,ユスティニアヌス帝の〈学説彙纂(いさん)〉においては,ウルピアヌスに次いでその著作からの引用が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パウルスの関連情報