コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンニーニ パンニーニPannini(Panini), Giovanni Paolo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンニーニ
Pannini(Panini), Giovanni Paolo

[生]1691頃.ヒアチェンツァ
[没]1765.10.21. ローマ
イタリアの画家。ローマ郊外のパトリッチ家別荘のフレスコ画 (1718~25) によって名声を得,歴史画,宗教行事の記念画,風景画などを多く描いた。特に風景画では,「パンニーニ風」と呼ばれる画風を確立。代表作は2枚1対として描かれた『古代のローマ』と『ルネサンスのローマ』 (57,メトロポリタン美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パンニーニ【Giovanni Paolo Pannini】

1691か92‐1765
イタリアの画家。ピアチェンツァ生れ。ボローニャのビビエーナBibbiena家のもとで学ぶ。1717年ころローマに出て,ルーティB.Lutiの弟子となる。18年ビラ・パトゥリッツィを装飾。このころから実景を描く〈ベドゥーテvedute〉(都市景観図)の画家として知られ,また幻想的な廃虚も描き,のちのピラネージに影響を及ぼす。一方で祝祭や祝典をドキュメント風に描く。フランス女性と結婚し,ローマのフランス・アカデミーで〈遠近法〉を教えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンニーニ
ぱんにーに
Giovanni Paolo Pannini
(1691/92―1765)

イタリアの画家。パニーニPaniniともいう。北イタリアのピアチェンツァに生まれ、初めボローニャで舞台意匠の修業をしたのち、1717年ごろローマに定住。その特異な画風を買われて、祝祭や儀式などの記念画を手がけるようになる。翌18年から25年にかけてパトリッツィ家の別荘の装飾に従事するが、そのころからいわゆる街景画家(ベドゥーティスタvedutista)としての名声を高めた。とくに廃墟(はいきょ)の景観をモチーフとする18世紀最高の画家として、カナレットやピラネージの台頭を促した。代表作に、対幅をなす『古代のローマ』『ルネサンスのローマ』(ニューヨーク、メトロポリタン美術館)がある。ローマに没。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のパンニーニの言及

【廃墟】より

…これにともない,宗教思想や科学思想においても自然を神の叡智が具体化したものとする認識が優勢になり,廃墟を含めた森羅万象へのフィールドワーク的な接近が始まった。これらはさらにG.P.パンニーニ,G.B.ピラネージらイタリアの版画家を経て廃墟を美術の主題とする動きを生み,自然と古城などを描くS.ローザの〈ピクチュアレスク〉絵画を通じて,西欧に廃墟趣味が普及した。 こうして18世紀になると,廃墟は人造物というよりもむしろ自然物とみなす感覚が一般的となり,この時期から本格的に製作されだした博物学図鑑の背景にも,木や草とともに廃墟が盛んに描かれた。…

※「パンニーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パンニーニの関連キーワード越後屋別子銅山抱え地厚顔抄嵯峨日記猿蓑雑談集竹田出雲土佐光起トラウン湖

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone