コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーシー Percy, Esmé Saville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーシー
Percy, Esmé Saville

[生]1887.8.8. ロンドン
[没]1957.6.16. ブライトン
イギリスの俳優,演出家。初め F.R.ベンソンや A.ホーニマンの劇団に所属。 1913年レパートリー劇団を結成,多くのシェークスピア作品に主演。また友人 G. B.ショーの戯曲の演出と出演によってイギリス演劇界に貢献した。『人と超人』の地獄の場面は,彼によって初めて上演された。そのほか映画でも活躍。

パーシー
Percy, Sir Henry

[生]1364.5.20.
[没]1403.7.21. シュロップシャー,シュルーズベリー付近
イギリスの貴族。ノーサンバーランド伯ヘンリー・パーシーの長男。 1384年以後スコットランドとの戦いに活躍,敵将 J.ダグラスとの一騎打ちなどで「短気者」 Hotspurの異名を得た。ヘンリー4世の即位を援助,王子ヘンリーのウェールズ征討を指揮して功があったが,王と不和になり,1403年1月チェシャーに反乱を起し,敗れて殺された。この反乱はシェークスピアの史劇『ヘンリー4世』の題材となり,オッターバーンやチェビチェイスの戦いの英雄として知られる。

パーシー
Percy, Thomas

[生]1729.4.13. シュロップシャー,ブリッジノース
[没]1811.9.30. ドロモア
イギリスの聖職者。中世文学に関心をもち,17世紀の写本を校訂,編集して『イギリス古詩拾遺』 Reliques of Ancient English Poetry (1765) を出版。 14世紀から 17世紀までのバラッド,ソネット,歌謡,韻文ロマンスを収集したもので,民俗文学に対する興味をかきたて,ロマン主義運動に大きな刺激を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーシー
ぱーしー
Walker Percy
(1916―1990)

アメリカの小説家。アラバマ州バーミングハムの生まれ。医学博士。病院勤務中結核に感染し、療養生活ののち創作に専念。性行動の冒険に失意を味わった30歳の男がノイローゼの女と結婚する『映画狂い』(1961)で全米図書賞を獲得。『最後の紳士』(1966)、『廃墟(はいきょ)の愛』(1971)、妻の不貞を契機に悪の探究に惑溺(わくでき)する男を描いた『ランスロット』(1977)、『再来』(1980)、『タナトス・シンドローム』(1987)など着実に作品を発表し、キルケゴール、カミュら西欧実存主義の影響のもとに、精神の荒廃にさらされる現代をいかに生きるかの主題を追究した。[杉浦銀策]
『板橋好枝訳『廃墟の愛』(1976・講談社) ▽浜野成生訳『最後の紳士』(1975・冨山房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

パーシー

生年月日:1364年5月20日
イングランドのノーサンバランド伯の長子
1403年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

パーシーの関連キーワードザ・マグニフィセント・サド・ジョーンズジェローム・C. リチャードソンノーサンバーランド(伯)ムーラン・ルージュの歌アンドルー シンプソンウースター(伯・侯家)パーシー ハンフリージョー モンドラゴン男が女を愛するときクリス コロンバスリック リオーダンアルバート ヒースバグダッド・カフェカーライル(伯妃)ブリッジマナイトバディ コレットビリー マッケルフィル コリンズアンソロジーハウンズロー

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パーシーの関連情報