コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトリシズカ

百科事典マイペディアの解説

ヒトリシズカ

ヨシノシズカとも。センリョウ科多年草。日本全土,東アジアの山地の林内にはえる。茎は直立し,高さ20cm内外,上部に楕円形の葉を4枚輪生状につける。早春,茎頂に1本の花穂を直立し,多数白色花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトリシズカ【Chloranthus japonicus Sieb.】

低山地の林下に生えるセンリョウ科の多年草(イラスト)。春,赤紫色の若葉の間に白色の花穂をつける。短く横にはう根茎から多数の茎が直立し,高さ15~30cm。茎の下部には3~4対の鱗片葉があり,上部の2節には対生する4枚の大型の葉がつくが,節間が短いため4枚の葉は輪生するように見える。4~5月,葉の間から普通は1本の穂状花序を伸ばし多数の花をつける。花は花被がなく,3本のおしべと1本のめしべのみからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトリシズカ
ひとりしずか / 一人静
[学]Chloranthus japonicus Sieb.

センリョウ科の多年草。高さ15~30センチメートル。葉は単葉で対生するが、2対の葉の間隔が詰まっているので、茎の上部で4枚が輪生しているようにみえる。花期は4~5月。花序は穂状で1本、初め4枚の葉に包まれる。包葉は卵形。花は小さく、白色の両性花で花被(かひ)はない。雄しべは3本、糸状で長さ4~6ミリメートル、白色でよく目だつ。基部は互いに合生し、さらに子房の背面に合着する。中央の雄しべには葯(やく)がない。果実は球形で淡緑色。草原や林内に生え、日本、および朝鮮半島、中国に分布する。本種によく似たキビヒトリシズカは、葉は対生するが輪生状にならず、雄しべは長さ1センチメートル、中央の雄しべにも葯がある。[大森雄治]

文化史

『広益地錦抄(こうえきちきんしょう)』(1719)には薬草として、及已(ぎゅうい)の名で扱われ図示されているが、ヒトリシズカの名はない。その説明には「三、四寸の小草なるがあひらしく鉢にうへてながめ……」とあり、当時、観賞栽培もされていたことがわかる。『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』(1713)には吉野静(よしのしず)とされ、『重修本草綱目啓蒙(けいもう)』(1844)で「ヒトリシヅカ一名ヨシノシヅカと云(いう)」とあり、江戸後期にはフタリシズカとの対比で、ヒトリシズカの名が広がった。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒトリシズカの関連キーワード裵ジョンミョン勝平ともこ錦織大輔植物区系加藤忠可長塚圭史古澤裕介佐藤文吾立石由衣伊達暁吉野静眉掃草蛍草

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒトリシズカの関連情報