コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒナノウスツボ Scrophularia duplicate‐serrata Makino

世界大百科事典 第2版の解説

ヒナノウスツボ【Scrophularia duplicate‐serrata Makino】

山地の林中に生えるゴマノハグサ科多年草イラスト)。和名は〈雛の臼壺(うすつぼ)〉の意味で,花の形による。地下茎は肥厚して横にはう。茎は柔らかく,断面四角形で直立し,高さ0.5~1m。葉は対生し,柔らかく,卵形で長さ7~11cm,幅3~5cm。8~9月,茎の先に円錐花序をつくり,まばらに暗赤紫色の花を多くつける。花はつぼ形で,長さ7~9mm,先は唇形となり,上唇は長く,内面に1個のへら状の仮雄蕊(かゆうずい)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒナノウスツボ
ひなのうすつぼ / 雛臼壺
[学]Scrophularia duplicato-serrata Makino

ゴマノハグサ科の多年草。根茎は肥大し、細い根がある。茎はやや軟弱で直立し、高さ0.4~1メートル。葉は対生し、卵状長楕円(だえん)形で深く切れ込む鋸歯(きょし)がある。夏、茎上部に円錐(えんすい)花序をつくり、多くの暗赤紫色花をまばらに開く。花冠は壺(つぼ)形で長さ7~9ミリ。4本の雄しべと1本の仮雄蕊(かゆうずい)がある。山地の林中に生え、本州から九州に分布する。名は、花が小さな壺形であることによる。近縁種サツキヒナノウスツボ(五月雛臼壺)は初夏、上部の葉腋(ようえき)に花を1~3個開く。奥多摩の山地、中央アルプスの伊那(いな)側などに分布が限られている。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒナノウスツボの言及

【ゴマノハグサ】より

…【山崎 敬】。。…

【ゴマノハグサ】より

…ゴマノハグサや中国南部にみられるS.ningpoensis Hemsl.の根を乾かしたものを,漢方薬で玄参(げんさん)というが,血圧降下作用を有し,のどの病気の薬とする。 同属のものにオオヒナノウスツボS.kakudensis Franch.,ヒナノウスツボS.duplicateserrata (Miq.) Makinoがある。共に花が暗紅紫色であるので,ゴマノハグサから区別される。…

※「ヒナノウスツボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒナノウスツボの関連キーワードオオヒナノウスツボゴマノハグサ山崎山地

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android