コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒホン ヒホン Gijón

4件 の用語解説(ヒホンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒホン
ヒホン
Gijón

スペイン北西部,アストゥリアス州,アストゥリアス県の都市。ビスケー湾にのぞむ。スペイン沿岸の交易の中心地。ローマ時代にギギアとして知られた町で,8世紀初期にはムーア人に征服されたがまもなく奪回され,791年までアストゥリアス王国の王城の地となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒホン

スペイン北西部,ビスケー湾岸のオビエド県の港市。食品加工・陶器・ガラス工業行われる。15世紀のサン・バティスタ教会がある。起源は古代ローマ以前で,8世紀にはイスラム軍に占領されたが,キリスト教徒奪回後の737年から791年までアストゥリアス王国の首都。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒホン【Gijón】

スペイン北西部,オビエド県の都市。人口25万6433(1981)。ビスケー湾に面し,アストゥリアス地方の主要な工業港,漁港。ローマ,西ゴート時代は,ジジャGigiaという名で知られる。8世紀の初めころイスラム教徒によって占領されたが,737年ころキリスト教徒が奪回し,791年までアストゥリアス王国の首都であった。1395年カスティリャレオン王国の内乱の戦火で焼失した。その後16,17世紀にかけ,何度かイギリスオランダの海賊による襲撃を受け,1588年敗れた無敵艦隊の船がここに入港した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒホン
ひほん
Gijn

スペイン北部、アストゥリアス地方オビエド県にある港湾都市。人口26万6419(2001)。ビスケー(ビスカヤ)湾に面する。ローマ時代起源の古い町は、小半島状のサンタ・カタリナ丘陵の上に建設された。最初の突堤が15世紀前半に築かれ、その後は湾岸沿いにも市街地が発達した。スペイン内戦時(1936~39)には大きな戦災を被り、現在の市街地はその跡に計画的に建設された。レビリャヒヘド侯の宮殿(15世紀)、バルデス侯の宮殿(1590)など、古い建物が残る。工業地区は住宅地の南側内陸部と、北西約6キロメートルにある外港エルムゼル港に沿う海岸部にある。港は石炭の積出し港として知られ、近くのベリニャ製鉄所はスペイン屈指の近代的製鉄所。他に化学、食品などの工業がある。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒホンの関連キーワードオビエドポートオブスペインオビエド大聖堂カマラサンタデオビエドサンフリアンデロスプラドス教会サンミゲルデリーリョ教会スペイン村ハビエルスペイン領サハラ組曲「スペイン」

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒホンの関連情報