コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメジャノメ(姫蛇の目) ヒメジャノメMycalesis gotama

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメジャノメ【ヒメジャノメ(姫蛇の目) Mycalesis gotama】

鱗翅目ジャノメチョウ科の昆虫(イラスト)。コジャノメに似るがより淡色で,裏面中央の明色帯は黄白色となり,コジャノメのように紫色を帯びることがない。開張4.5~5.7cm。アッサム,ミャンマーから中国,台湾,朝鮮半島から日本にかけて分布し,日本では北海道南端部から本州,四国,九州を経て屋久島に及ぶ。南西諸島には分布せず,かわりに同属のリュウキュウヒメジャノメがいる。雑木林の周辺,川沿いの草むらなどにふつうに見られ,水田に発生することも多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android