コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメジャノメ(姫蛇の目) ヒメジャノメ Mycalesis gotama

1件 の用語解説(ヒメジャノメ(姫蛇の目)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメジャノメ【ヒメジャノメ(姫蛇の目) Mycalesis gotama】

鱗翅目ジャノメチョウ科の昆虫(イラスト)。コジャノメに似るがより淡色で,裏面中央の明色帯は黄白色となり,コジャノメのように紫色を帯びることがない。開張4.5~5.7cm。アッサムミャンマーから中国,台湾,朝鮮半島から日本にかけて分布し,日本では北海道南端部から本州,四国,九州を経て屋久島に及ぶ。南西諸島には分布せず,かわりに同属のリュウキュウヒメジャノメがいる。雑木林の周辺,川沿いの草むらなどにふつうに見られ,水田に発生することも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメジャノメ(姫蛇の目)の関連キーワード孔雀蝶木の間蝶蛇の目蝶白蝶天狗蝶日陰蝶豹紋蝶斑蝶蛺蝶紅日陰蝶

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone