ヒン(【ひん】)岩(読み)ひんがん

百科事典マイペディア 「ヒン(【ひん】)岩」の意味・わかりやすい解説

ヒン(【ひん】)岩【ひんがん】

安山岩質の成分をもった半深成岩脈岩などのようにマグマが比較的急冷した場合にできる。斑状構造が著しく,石基完晶質斜長石石英正長石を伴うこともある)からなり,斑晶は斜長石,角セン石,黒雲母などで,その種類により黒雲母ヒン岩,角センヒン岩などとも呼ぶ。最近は斑岩同義語に扱われ,あまり用いられない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android