コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンシェルウッド ヒンシェルウッド Hinshelwood, Sir Cyril Norman

3件 の用語解説(ヒンシェルウッドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒンシェルウッド
ヒンシェルウッド
Hinshelwood, Sir Cyril Norman

[生]1897.6.19. ロンドン
[没]1967.10.9. ロンドン
イギリス物理化学者。オックスフォード大学に学び,同大学教授 (1937) 。 1930年頃水の形成に関する研究を開始。水素と酸素とが連鎖反応を起して水を形成する,その反応機構と反応速度明らかにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒンシェルウッド

英国の物理化学者。オックスフォード大学に学び,1937年同大学教授。単分子反応の理論,反応速度,特に連鎖反応に関する研究で著名。ほかに生体反応の機構についての研究もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒンシェルウッド
ひんしぇるうっど
Sir Cyril Norman Hinshelwood
(1897―1967)

イギリスの物理化学者。オックスフォード大学に学び、そこで学位を得た。1937年よりオックスフォード大学教授。1929年にロイヤル・ソサイエティー会員に選ばれ、1955年から1960年まで会長を務めた。化学反応速度論の分野で多くの研究業績がある。不均一系反応におけるラングミュアヒンシェルウッド機構の提唱(1926)、単分子反応機構に関するリンデマン説の改良(1927)、および分枝連鎖を含む連鎖反応に関する研究が著名である。そのほかに、微生物細胞の化学反応速度論の研究が知られている。1956年「気相系の化学反応速度論、とくに連鎖反応に関する研究」でソ連のセミョーノフとともにノーベル化学賞を受けた。[菅 耕作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒンシェルウッドの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン橋が落ちるどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone