コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビウレット ビウレット biuret

2件 の用語解説(ビウレットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビウレット(biuret)

尿素をセ氏160度くらいに熱すると得られる結晶。アルカリに溶かして硫酸銅水溶液を加えると赤紫色を呈する。→ビウレット反応

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビウレット
びうれっと
biuret

尿素のカルバモイル(カルバミル)誘導体またはアロファン酸H2NCONHCOOHのアミドに相当する化合物。無色の結晶。水から再結晶したものは1分子の水を含むが、加熱すると110℃付近で水を失う。尿素を穏やかに150~170℃程度に加熱するか、アロファン酸エステルにアンモニアを作用させて合成する。加熱すると分解してシアヌール酸とアンモニアを生じる。冷水やエーテルには溶けにくいが、熱水やエタノール(エチルアルコール)にはよく溶ける。アルカリに溶かして硫酸銅水溶液を加えると、赤紫色を呈する。これをビウレット反応という。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビウレットの関連キーワード二酸化マンガン硫酸ニッケル紫燐尿素肥料尿素形成尿素サイクル酸化スズ(酸化錫)酸化レニウムフッ化ウラン(弗化ウラン)硫化ニッケル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone