ビウレット(英語表記)biuret

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビウレット
びうれっと
biuret

尿素のカルバモイル(カルバミル)誘導体またはアロファン酸H2NCONHCOOHのアミドに相当する化合物。無色の結晶。水から再結晶したものは1分子の水を含むが、加熱すると110℃付近で水を失う。尿素を穏やかに150~170℃程度に加熱するか、アロファン酸エステルにアンモニアを作用させて合成する。加熱すると分解してシアヌール酸とアンモニアを生じる。冷水やエーテルには溶けにくいが、熱水やエタノール(エチルアルコール)にはよく溶ける。アルカリに溶かして硫酸銅水溶液を加えると、赤紫色を呈する。これをビウレット反応という。[務台 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例