コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュルツブルク(英語表記)Würzburg

デジタル大辞泉の解説

ビュルツブルク(Würzburg)

ドイツ中部、バイエルン州の都市。マイン川沿いに位置する。8世紀に司教座が置かれ、フランケン地方の宗教、文化の中心地として発展。ワインの産地としても名高い。世界遺産(文化遺産)に登録されたビュルツブルク司教館がある。ロマンチック街道の北の起点。ウュルツブルク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビュルツブルク

ドイツ中部,バイエルン州,マイン川中流に沿う古都。機械,繊維,ブドウ酒醸造などの工業が行われる。大学(1582年創立),マリーエンブルク城,ビュルツブルク宮殿などがある。741年に司教座がおかれ,ホーエンシュタウフェン朝の下で繁栄した。13万3800人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビュルツブルク【Würzburg】

ドイツ南部,バイエルン州の都市。人口12万8000(1995)。マイン川に沿う。付近一帯は,袋形の瓶〈ボックスボイテルBocksbeutel〉で知られる良質のフランケン・ワインの産地。機械工業のほか,ワイン,ビールの製造が行われる。741‐742年以降司教座が置かれ,政治的・宗教的にフランク王国の東部への拠点となる。交通路の交点に当たり,早くから毛皮や毛織物の市場が開かれ,11~12世紀に鋳貨,関税,渡船の特権をもつ都市となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報