コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンズイ Anthus hodgsoni; olive-backed pipit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンズイ
Anthus hodgsoni; olive-backed pipit

スズメ目セキレイ科。全長 15~16cm。頭上から背面は緑褐色で黒褐色の縦斑があり,眉斑と喉はくすんだ白色で,暗褐色の細い過眼線がある。腹面クリーム色で,胸から腹側にかけて黒褐色の斑点や縦斑が密にある。雨覆羽は各羽の縁が白くに 2列の帯をつくっている。シベリア西部からロシア南東部,カムチャツカ半島東アジア北部,中国南部にかけて繁殖分布する。冬季インドから東南アジア北部,フィリピン,東アジア南部に渡る。低山から亜高山の森林や木のまばらな草原に生息し,草地や土手などの地面のくぼみに営巣する。繁殖期はおもに昆虫食で,地上を移動しながらとる。止まったときには尾羽を絶えず上下に振っている。冬季は松林など平地の明るい林にすみ,おもに草の種子を食べる。日本では四国地方から北海道で繁殖し,本州中部以南では冬鳥(→渡り鳥)として生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビンズイ

セキレイ科の鳥。翼長8cm。ヒバリに似るが,羽冠がなく,背面の地色は暗緑褐色。アジア東部に分布し,日本では北海道,本州,四国の山地で繁殖,冬は暖地に移る。山地〜高山の疎林にすみ,草の根元などに営巣。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビンズイ
びんずい / 便追
Oriental tree-pipit
[学]Anthus hodgsoni

鳥綱スズメ目セキレイ科の鳥。同科タヒバリ属34種中の1種。この属には湿地、草原にすむ種が多いが、ビンズイは樹林性で、繁殖期には樹上でさえずり、あるいは地上で採餌(さいじ)中に驚くと木の枝に止まり尾を上下に振る習性があるのでキヒバリの別名をもつ。全長約15.5センチメートル。エニセイ川以東のシベリア、中国、ヒマラヤ地方などで繁殖し、冬季には北方のものはインド、フィリピンなどに渡る。日本では北海道・本州・四国の亜高山帯で営巣し、冬季は平地の松林などに生息する。昆虫やクモを好んで食べるが、草本の種子などもとる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビンズイの関連キーワードキヒバリ高山鳥田雲雀木雲雀坂根

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android