コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンロウ(檳榔) ビンロウAreca catechu; areca palm; betel nut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンロウ(檳榔)
ビンロウ
Areca catechu; areca palm; betel nut

ヤシ科の高木。ビンロウジュともいい,その果実をビンロウジという。マレーシア,ニューギニアなど熱帯アジアの原産で,広く栽培もされている。樹高は 10~15mに達し,その頂に大型の羽状葉をつける。葉柄の下部が急に太くなってをがっちりと抱き,幹には葉の落ちた跡が白く残るほどである。葉脈の基部からほうき状に分れる花序を出し,上方に多数の雄花,下方に少数の雌花をつける。果実は長さ6~8cmの卵形で,熟するとオレンジ色になる。アレコリンなどのアルカロイドがあって麻酔作用があるため,現地人はその未熟な実をとって,石灰や他の植物の葉とともにこねて一種の嗜好品をつくり,噛みたばこのようにして用いる。また,果実は赤褐色の染料として,さらに健胃・利尿剤として用いられ,寄生虫の駆虫剤としても有効といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビンロウ(檳榔)【ビンロウ】

熱帯アジアに分布するヤシ。高さ10〜20mになり,幹は枝を分けず直立し,タケのような節が入る。葉は長さ1〜2mの羽状複葉で,基部はさや状となり幹を包む。雌雄同株

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビンロウ【ビンロウ(檳榔) betelnut palm】

ビンロウジュともいう。栽培されるヤシ科の常緑高木。高さ20mに達し,幹は青竹のようである。葉は幹の頂に集まり羽状複葉で長さ約1.2m。肉穂花序は最下葉鞘(ようしよう)の基部の下から出てやや下垂する。雌雄同株で,花序の分枝の基部に雌花を,先の方に雄花をつける。果実はふつう卵形で橙色に熟し,長さ3~5cm,なかに1個の核がある。インドまたはマレーシアの原産で,東アジアの熱帯に広く栽培されている。ビンロウの果実は檳榔子(びんろうじ)といわれるが,薬用,染料とするため,奈良時代の756年(天平勝宝8)ころにすでに輸入された記録がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のビンロウ(檳榔)の言及

【ヤシ(椰子)】より

…またつや出しワックスで有名なカルナウバ蠟(ろう)carnauba waxは南アメリカ産のカルナウバヤシCopernicia ceriferaの葉から採取される。アレカヤシ(ビンロウ)のように果実にアルカロイドを含有し,興奮性の嗜好料に使われるものもある。ヤシ類は工業社会の影響を受ける前の熱帯域では,それぞれの地方に特産するさまざまな種類が,その地域の人間の生活に深く結びついて利用されていた。…

※「ビンロウ(檳榔)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビンロウ(檳榔)の関連キーワードビロウ蒟醬草履

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android