コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンロウ(檳榔) ビンロウ Areca catechu; areca palm; betel nut

3件 の用語解説(ビンロウ(檳榔)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンロウ(檳榔)
ビンロウ
Areca catechu; areca palm; betel nut

ヤシ科の高木。ビンロウジュともいい,その果実をビンロウジという。マレーシアニューギニアなど熱帯アジアの原産で,広く栽培もされている。樹高は 10~15mに達し,その頂に大型の羽状葉をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビンロウ(檳榔)【ビンロウ】

熱帯アジアに分布するヤシ。高さ10〜20mになり,幹は枝を分けず直立し,タケのような節が入る。葉は長さ1〜2mの羽状複葉で,基部はさや状となり幹を包む。雌雄同株

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビンロウ【ビンロウ(檳榔) betelnut palm】

ビンロウジュともいう。栽培されるヤシ科の常緑高木。高さ20mに達し,幹は青竹のようである。葉は幹の頂に集まり羽状複葉で長さ約1.2m。肉穂花序は最下葉鞘(ようしよう)の基部の下から出てやや下垂する。雌雄同株で,花序の分枝の基部に雌花を,先の方に雄花をつける。果実はふつう卵形で橙色に熟し,長さ3~5cm,なかに1個の核がある。インドまたはマレーシアの原産で,東アジアの熱帯に広く栽培されている。ビンロウの果実は檳榔子(びんろうじ)といわれるが,薬用,染料とするため,奈良時代の756年(天平勝宝8)ころにすでに輸入された記録がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のビンロウ(檳榔)の言及

【ヤシ(椰子)】より

…またつや出しワックスで有名なカルナウバ蠟(ろう)carnauba waxは南アメリカ産のカルナウバヤシCopernicia ceriferaの葉から採取される。アレカヤシ(ビンロウ)のように果実にアルカロイドを含有し,興奮性の嗜好料に使われるものもある。ヤシ類は工業社会の影響を受ける前の熱帯域では,それぞれの地方に特産するさまざまな種類が,その地域の人間の生活に深く結びついて利用されていた。…

※「ビンロウ(檳榔)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビンロウ(檳榔)の関連キーワードカルナウバろうサゴヤシワケギ(分葱)ココ椰子檳榔樹・梹榔樹檳榔子檳榔樹ヤシ(椰子)橋爪檳榔子ベテル・チューイング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone