コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピクリン酸 ピクリンさん picric acid

6件 の用語解説(ピクリン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピクリン酸
ピクリンさん
picric acid

2,4,6-トリニトロフェノールのこと。 C6H2(NO2)3OH で表わされる。2,4-ジニトロフェノールニトロ化するか,フェノールをスルホン化し,次いでニトロ化,脱スルホン化して得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピクリン‐さん【ピクリン酸】

《〈ドイツPikrinsäure》黄色の結晶。劇薬。急熱や衝撃により爆発する。分析用試薬などに利用。かつては炸薬(さくやく)・黄色染料に使用。化学式C6H3N3O7 トリニトロフェノール。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピクリン酸【ピクリンさん】

2,4,6−トリニトロフェノール(NO23C6H2OHの慣用名。黄色結晶。融点122.5℃。沸騰水,エチルアルコールなどに可溶,アセトンに易溶。
→関連項目火薬炸薬下瀬火薬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ピクリンさん【ピクリン酸 picric acid】

2,4,6‐トリニトロフェノールの慣用名。1885年フランスが軍用爆薬として用いるに至って各国もこれにならった。日露戦争では下瀬火薬の名で砲弾や魚雷用の炸薬として用いられた。しかし,打撃や摩擦に対して感度が高いこと,重金属と化合して非常に敏感な塩をつくることなどから,それらの欠点のないTNT(トリニトロトルエン)にとって代わられた。導爆線の心薬,起爆薬DDNPの原料,炸薬ピクリン酸アンモニウム(エクスプローシブD)の原料,花火の笛剤の原料として用いられてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ピクリンさん【ピクリン酸】

黄色柱状結晶の有機酸。化学式 C6H2(NO23OH 急激な加熱や衝撃で爆発する。かつては炸薬さくやくとして用いられたが、現在ではアミン・芳香族炭化水素の分析試薬などとして用いられる。トリニトロフェノール。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピクリン酸
ぴくりんさん
picric acid

2,4,6-トリニトロフェノールの慣用名。正しい組成を決定したフランスのJ・B・A・デュマが「苦い」を意味するギリシア語pikrosから、acid picrique(フランス語)の名を与えた。1885年フランスが軍用爆薬として用いるに至って、各国もこれに倣った。日露戦争では下瀬(しもせ)火薬の名で砲弾や魚雷用の炸薬(さくやく)として太平洋戦争終戦まで用いられた。しかし、打撃や摩擦に対して感度が高いこと、重金属と化合して非常に敏感な金属塩をつくること、腔発(こうはつ)(砲弾内の炸薬が発射の際の加速度により砲身内で爆発して砲身を破壊)しやすいことなどの問題点があったところが、それらの欠点のないトリニトロトルエン(TNT)と異なる点である。
 導爆線の心薬(導火線または導爆線の中央に配置され、燃焼または爆轟(ばくごう)を伝播(でんぱ)する物質)、起爆薬(ジアゾジニトロフェノール=DDNP)の原料、炸薬ピクリン酸アンモニウム(D爆薬=explosive D)の原料、花火の笛薬(ふえやく)の原料、爆発威力の基準爆薬などとして用いられてきた。
 製造されたときのピクリン酸は明るい黄色結晶で二つの多晶形で存在するが、エタノール(エチルアルコール)から再結晶すると斜方晶形の長い平たい結晶で得られる。爆速は比重1.71で毎秒7260メートルである。ピクリン酸は、フェノールのスルホン化とそれに続く脱スルホン酸ニトロ化反応を用いたスルホン化法、またはクロルベンゼンのニトロ化と生成したトリニトロクロルベンゼンの加水分解によって得られる。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のピクリン酸の言及

【軍用爆薬】より

…その性能としては,単位容積または単位重量当り大きな威力があること,爆ごう(轟)速度が大きいこと,貯蔵安定性が良いこと,打撃に対する感度が低いこと,などが要求される。 代表的な軍用爆薬としては,ピクリン酸,ピクリン酸アンモニウム(エクスプローシブD),トリニトロトルエン(TNT),ペントリット(PETN),テトリル,ヘキソーゲン(RDX),オクトーゲン(HMX)およびこれらを組み合わせて混合したものなどがある。ピクリン酸は日本では下瀬火薬として知られ,日清,日露の戦争で使われた爆薬だが,現在では使われていない。…

※「ピクリン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピクリン酸の関連キーワードイソプロパノールフェノールアルキルフェノールトリニトロフェノールトリニトロベンゼンペンタクロロフェノールテトリル2 , 4 , 6 ‐トリニトロ‐N-メチルアニリン2,4,6‐トリニトロフェニルメチルニトロアミン2,4,6‐トリニトロフェノール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone