コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピストイア ピストイア Pistoia

4件 の用語解説(ピストイアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピストイア
ピストイア
Pistoia

イタリア中西部,トスカナ州ピストイア県の県都。アペニン山脈の南麓で,アルノ川の支流オンブロネ川に近い標高 65mの高地を占め,フィレンツェの北西約 30kmに位置する。古代にはピストリアと呼ばれた町で,リグリア人エトルリア人の手を経てローマ人の町となり,一度破壊されたが再興され,1329年以来フィレンツェの支配下に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピストイア(Pistoia)

イタリア中部、トスカーナ州の都市。フィレンツェプラートの経済圏に含まれ、商工業が盛ん。古代ローマ時代に築かれた町に起源し、12世紀に自治都市となり発展。12世紀から13世紀にかけて建てられたロマネスク様式のピストイア大聖堂がある。15世紀に武器製造が興り短銃が発明されたことから、地名がピストルの語源になったとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ピストイア【Pistoia】

イタリア中部,トスカナ州の都市。人口8万9880(1990)。フィレンツェ平野の北西端に位置するピストイアは野菜,果物の生産や繊維,家具製造を経済の基盤にしている。11世紀末に有力なコムーネ都市として栄えたが,1329年フィレンツェとの戦いに敗れ,衰退した。1530年フィレンツェのメディチ家が支配するトスカナ大公国に組み入れられた。1786年ジャンセニスムによる教会改革をめざす教会会議が当地で開催された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピストイア
ぴすといあ
Pistoia

イタリア中部、トスカナ州ピストイア県の県都。人口8万3936(2001国勢調査速報値)。古称ピストリアPistoria。トスカナ‐エミリア・アペニン山脈の麓(ふもと)にあり、フィレンツェ―プラート経済圏の一環をなす商工業都市。鉄道車両や家具の製造が盛んである。紀元前3~前2世紀にローマ人によって建設され、中世には繁栄した。12~13世紀に建てられたピサ・ロマネスク様式の大聖堂がある。15世紀初めに武器製造がこの地におこり、地名がピストルの語源となった。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピストイアの関連キーワードビアレッジョピサビンチプラトマッサインペラトーレ城サントスピリト教会ポルト・アッズッロモンテリッジョーニリオ・マリーナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピストイアの関連情報