コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピストンエンジン piston engine

4件 の用語解説(ピストンエンジンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ピストンエンジン【piston engine】

往復機関。レシプロ-エンジン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピストンエンジン

往復機関,レシプロエンジンreciprocating engineとも。ピストンシリンダー内を往復する方式の機関。一般に連接棒,クランクを介してクランク軸を回転させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ピストンエンジン【piston engine】

円形断面を有するピストンがシリンダー内を往復する構造のエンジン蒸気機関や一般のガソリンエンジンディーゼルエンジンなどがこの形式で,回転部のみから構成されているガスタービンや蒸気タービンなどの回転型機関に対して,往復機関reciprocating engine,レシプロエンジンとも総称される。ピストンエンジンはピストンの往復運動を回転運動に変換するためのピストン‐クランク機構を必要とし,回転型機関に比べて重量や振動の面では性能的に劣るが,小出力のものから大出力のものまで,高効率のものを比較的容易にかつ安価に製造でき,また取扱いも容易なため,原動機の中ではもっとも広く用いられている形式である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピストンエンジン
ぴすとんえんじん
piston engine

断面が円形で一端の閉じた円筒形のピストンがシリンダー内を往復し、それにシリンダー内の高圧ガスの圧力が作用して出力を得る構造のエンジン。蒸気機関やガソリンエンジン、ディーゼルエンジンなどがこの形式で、ガスタービンや蒸気タービン、ジェットエンジンなどの回転部分のみからなる回転型機関に対して、往復動機関(レシプロエンジン)と総称される。ピストンエンジンは、一般にはピストンの往復運動を回転運動に変換するクランク機構、カム機構などが必要で、回転型機関に比べて重量や振動の面で不利ではあるが、〔1〕高圧ガスの気密をピストン周囲の円形のピストンリングで保つために気密がよく、回転型機関より高圧のガスを用いることができる、〔2〕比較的容易にかつ安価に製造でき、取扱いも容易である、〔3〕小出力のものから大出力のものまで製造できる、などの利点があり、広く用いられている。
 一般にはシリンダー部分が固定してクランク軸が回転するが、かつて航空機用としてクランク軸が固定し、シリンダー部分が回転する型式のものもあった。また、土木工事などで用いられる杭(くい)打ち機もクランク機構をもたないピストンエンジンである。円筒形のピストンのかわりに三角形の回転子と、偏心軸といわれるクランク機構をもつバンケルエンジンも一種のピストンエンジンである。[吉田正武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のピストンエンジンの言及

【圧縮比】より

…ピストンエンジンの圧縮行程において,シリンダー内のガスが何分の1に圧縮されるかを容積比で表した値。(行程容積+すきま容積)/(すきま容積)によって求められる。…

【ジェットエンジン】より

…なお,ロケットエンジンもその推進の原理は狭義のジェットエンジンと同じであるが,燃料の燃焼に必要な酸素を大気から取り入れる必要がない点で異なる。ロケット
[歴史]
 航空エンジンは第2次世界大戦末期にターボジェットエンジンが一部で実用され始めるまでは,すべて今日の自動車用エンジンと同様のピストンエンジンであった。ピストンエンジンはその作動原理から,重量や大きさ当りの発生動力,1基当りの最大発生動力に限度があり,馬力当り重量0.5kgf/ps,1基最大出力4000ps程度である。…

※「ピストンエンジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピストンエンジンの関連キーワード往復圧縮機往復ポンプシリンダー錠排気量ピストン棒ピストンポンプピストンリング汲み鍔シリンダー油帝国ピストンリング

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピストンエンジンの関連情報