ピッチブレンド(英語表記)pitchblende

翻訳|pitchblende

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピッチブレンド
pitchblende

瀝青ウラン鉱ともいう。 UO2 。微晶質の閃ウラン鉱。典型的なものはコロイド構造をなし,ぶどう状などを呈し,ピッチのような黒色を呈するので,この名がついた。ウランの主要な鉱石鉱物。大きな鉱床は沈殿鉱床で堆積岩中に層状を呈して産する。このほか,熱水性の鉱床には破砕帯にピッチブレンドだけが鉱染したものと,銀やコバルトなど金属を伴い産出するものとがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピッチブレンド

歴青ウラン鉱とも。ウランの主要鉱石鉱物。センウラン鉱の一種で,おもに非晶質で塊状またはコロイド状の産状のものをいう。比重はセンウラン鉱に比べて小さく6.5〜8.5。通常熱水性硫化鉱床に産出する。
→関連項目ウラン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピッチブレンド【pitchblende】

センウラン鉱の変種名。とくに結晶度が低く塊状集合体をなすものを指す。タールピッチ状の色・光沢から命名された。歴青ウラン鉱ともいう。硬度・比重とも通常種より低く,しばしばコロフォーム組織が発達し,トリウムや希土類元素を含まないなどの特徴がある。一般には厳密な区別を欠いたまま,センウラン鉱の通称として混用されていることが多い。【坂巻 幸雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピッチブレンド
ぴっちぶれんど
pitchblende

特定の結晶形態をもたない、ピッチ様の外観をもった閃(せん)ウラン鉱の変種。典型的な閃ウラン鉱と比べて比重が小さく、不純物、とくに水の含有量が高い。塊状のものと、縞(しま)状構造を呈する層が集積してその表面が乳房様、腎臓(じんぞう)様のいわゆるコロフォーム構造(微粒子が同心円・縞状に沈積した組織)をもつものとがある。この種の外観のものは結晶度が低い。比較的低温の深成熱水鉱床や堆積(たいせき)岩中などに産する。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ピッチ‐ブレンド

〘名〙 (pitchblende) 閃(せん)ウラン鉱のうち、塊状・非晶質のものをいう。瀝青ウラン鉱。
※道程(1914)〈高村光太郎〉戦闘「一噸のピッチブレンドを破壊して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android