コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュージェット湾 ピュージェットわん

百科事典マイペディアの解説

ピュージェット湾【ピュージェットわん】

米国北西端,ワシントン州にある太平洋岸の湾入。氷食をうけた後沈降してできたフィヨルドで,南北約150km。数多くの支湾,半島,島があり,海岸の屈曲も著しい。沿岸にシアトルタコマなどの港市がある。
→関連項目ワシントン[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピュージェットわん【ピュージェット湾 Puget Sound】

アメリカ合衆国ワシントン州北西部の湾。コースト・レーンジズ(海岸山脈)とカスケード山脈とにはさまれ,南北に150kmにわたって延び,カナダのバンクーバーとはジョージア海峡,太平洋とはフアン・デ・フカ海峡によって結ばれる。大小の島々や小湾が多く,天然の良港に恵まれ,東岸にはシアトル,タコマ,エバリットなどの港湾都市が発達する。漁業,カキの養殖が行われ,周辺部では林業が盛ん。1792年ジョージ・バンクーバーが探検して命名した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピュージェット湾
ぴゅーじぇっとわん
Puget Sound

アメリカ合衆国、ワシントン州の北西部に位置する太平洋側の湾。カナダとの国境をなすファン・デ・フカ海峡から南に約150キロメートル入り込んでおり、出入りの多い海岸線と多くの島が特徴である。この地形は、更新世(洪積世)にこの地方を覆った氷河の作用によるフィヨルドの一種である。湾には大型船が航行できる。湾岸にはエベレット、シアトル、タコマなどの都市が発達し、同州の人口はここに集中している。湾名は1792年にこの地を探検したジョージ・バンクーバーが命名。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ピュージェット湾の関連キーワードオリンピア(アメリカ合衆国)ハイラムチッテンデン水門コースト・レーンジズタコマ・ナローズ橋ワシントン[州]シアトル水族館ベルビューオリンピアバニヤンアカボヤコマイ