コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュージェット湾 ピュージェットわん

3件 の用語解説(ピュージェット湾の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ピュージェット湾【ピュージェットわん】

米国北西端,ワシントン州にある太平洋岸の湾入。氷食をうけた後沈降してできたフィヨルドで,南北約150km。数多くの支湾,半島,島があり,海岸の屈曲も著しい。沿岸にシアトルタコマなどの港市がある。
→関連項目ワシントン[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ピュージェットわん【ピュージェット湾 Puget Sound】

アメリカ合衆国ワシントン州北西部の湾。コースト・レーンジズ(海岸山脈)とカスケード山脈とにはさまれ,南北に150kmにわたって延び,カナダバンクーバーとはジョージア海峡,太平洋とはフアン・デ・フカ海峡によって結ばれる。大小の島々や小湾が多く,天然の良港に恵まれ,東岸にはシアトル,タコマ,エバリットなどの港湾都市が発達する。漁業,カキの養殖が行われ,周辺部では林業が盛ん。1792年ジョージ・バンクーバーが探検して命名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピュージェット湾
ぴゅーじぇっとわん
Puget Sound

アメリカ合衆国、ワシントン州の北西部に位置する太平洋側の湾。カナダとの国境をなすファン・デ・フカ海峡から南に約150キロメートル入り込んでおり、出入りの多い海岸線と多くの島が特徴である。この地形は、更新世(洪積世)にこの地方を覆った氷河の作用によるフィヨルドの一種である。湾には大型船が航行できる。湾岸にはエベレット、シアトル、タコマなどの都市が発達し、同州の人口はここに集中している。湾名は1792年にこの地を探検したジョージ・バンクーバーが命名。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピュージェット湾の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアイダホアメリカン合衆国ネバダネブラスカ華盛頓亜米利加アメリカ連合国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピュージェット湾の関連情報