コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピョートル Pyotr Alekseevich

デジタル大辞泉の解説

ピョートル(Pyotr Alekseevich)

(1世)[1672~1725]ロシア皇帝。在位1682~1725。大帝と称される。西欧の文明・技術の摂取に努め、軍隊の整備、中央集権化、産業の育成などロシアの近代化を推進、ペテルブルグを建設した。また、北方戦争やトルコとの戦争を通して領土を拡大、ロシアを北方強国とした。ペートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ピョートル【Pyotr】

(一世)(1672~1725) ロシア皇帝(在位1682~1725)。積極的に西欧の技術・制度を導入する一方、北方戦争などにより領土を拡張。首都をペテルブルクに移し、官僚制の整備、農奴制の安定、商工業の育成を図り、絶対主義を確立、ロシアの近代化に努めた。ピョートル大帝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ピョートルの関連キーワードサンクトタネーエフ, セルゲイ・イヴァノヴィチソフィア・アレクセーエブナアンダンテ・カンタービレロココの主題による変奏曲ペトロパブロフスク要塞エカチェリーナ(1世)エフゲニー・オネーギンロミオとジュリエットフィレンツェの思い出サンクトペテルブルクピョートル カズロフ偉大な芸術家の思い出ピョートル[大帝]ピョートル[3世]大帝ピョートルI世ぼくらのトロイカ元老院[ロシア]カドリオルク公園憂鬱なセレナード

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピョートルの関連情報