ピョートル

精選版 日本国語大辞典「ピョートル」の解説

ピョートル

(Pjotr) 一世。ロシア皇帝(在位一六八二‐一七二五)。大帝。典型的な啓蒙専制君主。西欧化政策をとる一方、北方戦争やペルシア遠征などで領土を拡大し、首都をモスクワからペテルブルクに移した。陸海軍の近代化、中央集権化、農奴制の強化、マニュファクチュアの育成などロシアの近代化、強国化に努めた。(一六七二‐一七二五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ピョートル」の解説

ピョートル(Pyotr Alekseevich)

(1世)[1672~1725]ロシア皇帝。在位1682~1725。大帝と称される。西欧の文明・技術の摂取に努め、軍隊の整備、中央集権化、産業の育成などロシアの近代化を推進、ペテルブルグを建設した。また、北方戦争トルコとの戦争を通して領土を拡大、ロシアを北方の強国とした。ペートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android