コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピラネージ ピラネージ Piranesi, Giambattista(Giovanni Battista)

5件 の用語解説(ピラネージの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピラネージ
ピラネージ
Piranesi, Giambattista(Giovanni Battista)

[生]1720.10.4. メストレ
[没]1778.11.9. ローマ
イタリアの版画家。ベネチアで版画を C.ツッチに学び,1740年ローマを旅行,古代ローマの遺跡を銅版画に制作した。一時ベネチアで G.ティエポロについたが,45年再びローマに戻り永住。 1000枚以上の銅版を制作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピラネージ(Giovanni Battista Piranesi)

[1720~1778]イタリアの版画家・建築家。エッチングにより、多くの古代建築図や「ローマ景観図」を制作。ほかに、幻想的建築版画集「牢獄」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ピラネージ【Giovanni Battista Piranesi】

1720‐78
イタリアの版画家,建築家。メストレに生まれる。建築家を志し,ベネチアで建築技師の伯父のもとで修業を積む一方,版画においてはC.ズッキから影響を受ける。また同時代のベネチア派にみる,地誌的風景画(ベドゥータveduta)の伝統は,後の彼の芸術的展開に影響を与える。1740年,ベネチア大使に随行し宿願のローマ行きが実現。画家G.P.パンニーニ,版画家G.バジに師事し,古代ローマ遺跡の版刻や版画集《建築とパースペクティブ第1部》(1743)を刊行する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ピラネージ【Giovanni Battista Piranesi】

1720~1778) イタリアの版画家・建築家。エッチング技法をよくし「ローマ景観図」「牢獄」などを制作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピラネージ
ぴらねーじ
Giovanni Battista Piranesi
(1720―1778)

イタリアの版画家、建築家、考古学者。ベネチア近郊のメストレに生まれ、ベネチアで舞台美術を学んだ後、1740年にローマに移り、以後一時の帰郷を除いて生涯をローマで送った。50年に出版した『牢獄の奇想にみちた創造』Invenzioni capric di Carceri(1760年の増補第2版で『想像の牢獄』Carceri d'Invenzioneと改題)は、銅版画の技法の一つであるエッチングにより、めまいを誘うような巨大な牢獄の情景を描いて有名である。1745年ごろより観光客の土産(みやげ)用にローマの景観を描いた連作版画を制作するが、やがて古代ローマへの考古学的関心を深め、56年に4巻からなる『ローマの遺跡』Antichita romaneを出版する。また、ギリシアとローマの二つの古代文化の優劣を争う論争にも参加、ローマの優位を訴え、61年に『ローマの壮麗と建築』De Romanorum Magnificentia et Architetturaを出版した。その作品には、斜めに奥行を出した極端な遠近法や、強い光と影のコントラストなど、若いころ学んだ舞台美術の流れをくむ劇的な表現がしばしば用いられる。そのため、たとえ現実の情景を描いたものや考古学的復元図であっても、『牢獄』に代表される奇想画や想像の景観画のもつ幻想味を帯びていることが多い。ピラネージの諸作品はこの幻想味ゆえに、とくに北ヨーロッパの芸術家たちの古典古代に対するイメージの形成全体に大きな影響を与え、続くロマン主義美術の霊感源ともなった。[蔵屋美香]
『ピーター・マレー著、長尾重武訳『ピラネージと古代ローマの壮麗』(1990・中央公論美術出版) ▽岡田哲史著『ピラネージの世界』(1993・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のピラネージの言及

【イタリア美術】より

…カナレット,F.グアルディは,外光の描写を初めて実現した。また,ローマでは建築家G.B.ピラネージが古代ローマの遺跡の版画集を出版し,新古典主義に大きな刺激を与えた。しかし,大勢は無気力なアカデミズムにおおわれ,彫刻家A.カノーバのみが,わずかにヘレニズム的なアカデミズムを見せ,古代ローマのなごりを伝えている。…

【廃墟】より

…これにともない,宗教思想や科学思想においても自然を神の叡智が具体化したものとする認識が優勢になり,廃墟を含めた森羅万象へのフィールドワーク的な接近が始まった。これらはさらにG.P.パンニーニ,G.B.ピラネージらイタリアの版画家を経て廃墟を美術の主題とする動きを生み,自然と古城などを描くS.ローザの〈ピクチュアレスク〉絵画を通じて,西欧に廃墟趣味が普及した。 こうして18世紀になると,廃墟は人造物というよりもむしろ自然物とみなす感覚が一般的となり,この時期から本格的に製作されだした博物学図鑑の背景にも,木や草とともに廃墟が盛んに描かれた。…

※「ピラネージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピラネージの関連キーワードイタリアントンド・ドーニガレストリ小野忠重南桂子デ・ガスペリデュベバーリントン伯フィッシャー・フォン・エルラハ一角獣の版画家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピラネージの関連情報