コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピレノイド ピレノイドpyrenoid

5件 の用語解説(ピレノイドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピレノイド(pyrenoid)

藻類の葉緑体内にみられるたんぱく質の大きなかたまり。でんぷんの形成と貯蔵に関与していると考えられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ピレノイド【pyrenoid】

藻類の葉緑体にある核様の小体で,タンパク質としての性質を示し,合成されたデンプン貯蔵デンプンとなる際その核となる。核様体,デンプン核などともいわれる。葉緑体に埋まっているが,屈折率が高くて光学顕微鏡でも容易に観察されるため,藻類の分類の指標形質として古くから注目されてきた。藻類のうち,緑藻によくみられ,ケイ藻でもみられるが,高等植物を含めて他の植物には見当たらない。デンプン粒がつくられる際になんらかの働きをもっているものと推定されるが,いわゆるデンプン形成体amyloplastのようにグルコースなどからデンプンをつくる能力のあるものなのかどうかはまだ確かめられていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ピレノイド【pyrenoid】

藻類の葉緑体内にあり、デンプンの形成と貯蔵に関与すると考えられている小体。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピレノイド
ピレノイド

核様体」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピレノイド
ぴれのいど
pyrenoid

藍藻(らんそう)植物、車軸藻植物を除く藻類とコケ植物類の葉緑体にみられる構造体をいう。褐藻植物、鞭毛(べんもう)藻類のあるものでは葉緑体の表面からいぼ状に突出し、紅藻植物、緑藻植物では葉緑体内に埋まっている。ピレノイド基質の周りをデンプンや同化物質が取り囲んでいることから、デンプン形成体とよぶこともある。しかし、ピレノイド基質の中にチラコイドラメラ(葉緑体の構造単位となる薄い層)が陥入しているものや、核の一部が陥入しているものもあることなどから、酵素の貯蔵所とも考えられている。[吉崎 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のピレノイドの言及

【葉緑体】より

…C4植物の葉肉細胞の葉緑体の構造は前述の構造と変わらないが,維管束鞘(いかんそくしよう)細胞の葉緑体は,リンゴ酸(CO2源であると同時に還元力源ともなる)型のものではグラナ構造をもたず,アスパラギン酸(CO2源にしかならない)型ではグラナ構造をもつ。 緑藻,褐藻,紅藻,接合藻,ケイ藻など多くの藻類およびツノゴケのような蘚苔植物の葉緑体にはピレノイドpyrenoidがある(図5)。ピレノイドはストロマ中にあるタンパク質の塊(0.5~1μm)で,5~10nmの粒状物質が密に詰まっている。…

【葉緑体】より

…C4植物の葉肉細胞の葉緑体の構造は前述の構造と変わらないが,維管束鞘(いかんそくしよう)細胞の葉緑体は,リンゴ酸(CO2源であると同時に還元力源ともなる)型のものではグラナ構造をもたず,アスパラギン酸(CO2源にしかならない)型ではグラナ構造をもつ。 緑藻,褐藻,紅藻,接合藻,ケイ藻など多くの藻類およびツノゴケのような蘚苔植物の葉緑体にはピレノイドpyrenoidがある(図5)。ピレノイドはストロマ中にあるタンパク質の塊(0.5~1μm)で,5~10nmの粒状物質が密に詰まっている。…

※「ピレノイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone