コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロン Pilon, Germain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロン
Pilon, Germain

[生]1535. パリ
[没]1590.2.3. パリ
フランスの 16世紀後半の彫刻家。彫刻を父アンドレに学んだ。初期の作品にはアンリ2世記念碑の『三美神』 (1561頃,ルーブル美術館) ,後期の作品にサン・ドニ修道院聖堂の『アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシス』 (1563~70) の墓碑彫刻がある。

ピロン
Piron, Alexis

[生]1689
[没]1773
フランスの詩人,劇作家。喜劇『道化師ドゥカリヨン』 Arlequin Deucalion (1722) ,『作詩狂』 La Métromanie (38) で知られる。

ピロン

(1) pyrrone α,α'-ジピリルケトン。臭化ピリールマグネシウムにホスゲンを作用すると生成する。融点 160~161℃の無色柱状晶。(2) pyrone (a) α体 クマリンともいう。クマリン酸水銀を乾留すると生成する。沸点 206~209℃の無色の液体。(b) γ体 α-ピロンの異性体で,ピロコマンともいう。コマン酸またはケリドン酸の乾留により生成する。吸湿性,無色の結晶。融点 32.5℃。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ピロン

フランスの盛期ルネサンスの代表的彫刻家。パリ生れ。アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシス宮廷に仕え,王や女王のために肖像墓廟の彫刻を制作。《死せるキリスト》(1560年ころ,ルーブル美術館蔵)など宗教的作品も手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピロン【pyrone】

ピランのメチレン基-CH2-をカルボニル基C=Oで置換した複素環式化合物。カルボニル基の位置によってα‐ピロンとγ‐ピロンの2種の構造異性体がある。α‐ピロンはクマリンcoumalinともいい,一種のラクトンである。融点5℃,沸点206~207℃。これにベンゼン環が縮合したベンゾ‐α‐ピロンはクマリンcoumarinといい,植物界に広く存在している。γ‐ピロンは,水,エチルアルコールに溶けやすい吸湿性結晶で,融点32℃,沸点119℃(35mmHg)。

ピロン【Germain Pilon】

1525ころ‐90
フランス・ルネサンスの彫刻家。父に彫刻の手ほどきをうける。初期の作品は残らないが,アネ城やフォンテンブロー宮殿などの造営に参加したとも推定されている。1558年にはフィリベール・ド・ロルムの監督下にサン・ドニ修道院教会に作られた〈フランソア1世の墓〉のための彫像について支払をうけているが,現存しない。59年アンリ2世の死にあたって,王妃カトリーヌ・ド・メディシスの命によってプリマティッチョがデザインした〈アンリ2世の心臓の記念碑〉のために,頭上に心臓容器をささげもつ三美神(もしくは三対神徳)像を制作(1561‐62)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピロンの関連キーワードシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)ピロン(Germain Pilon)ピロン(古代ギリシア哲学者)アルビン・E. アルコーンピロン(複素環式化合物)ギリシア哲学史(年表)ピロン(データノート)ピーター ボカージュ抗副腎皮質ホルモン薬ジョニー センシア向精神薬のいろいろヤン ガルバレクジョン リンゼイ複素環式化合物アルケシラオスアンリ[2世]スフィンクスカルボニル基フラボノイド幾何学様式

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android